• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

【第6回】“モテ”と“キャリア”の歴史その5

夫婦年収合算、リスクヘッジカップルが幸せへの近道?

  • 白河桃子

バックナンバー

2006年11月14日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 前回は、ごく一部の「モテ資源」を持つ男性たちに群がるエビちゃんOL軍団という、恋愛難、結婚難時代の構図を分析してみた。日本が一夫多妻制にならない限り、多くの敗者を出してしまいそうな不毛な戦いから抜け出して、新たな時代の幸せの法則を探すにはどうしたらいいのか…?

 それには「年収2倍の法則」(注1)を捨てて、「年収合算で幸せカップル」の路線が幸せへの近道ではないだろうか? 家族社会学の山田昌弘先生(東京学芸大学教授)によれば、「日本では、夫が家計を支えるべきと考える人が7~8割ぐらい。同じ質問を欧米ですると、そう思っている人は1割程度しかいない」(「プレジデント」2006年3月20日号のインタビュー)ということだ。

 男女雇用機会均等法施行から20年、働く女性は増えても「定年までしっかり働こう」と思っている女性はそうはたくさんいない。負け犬世代だって、「腰かけ総合職」(注2)や、「自己実現のためには働くが、生活のために働きたくない」という人は大勢いた。特に今の30代前後は、そのあたりがとっても曖昧なのだ。

 「定年まで働こうとは思っていない。だんなになる人にはしっかり働いてほしいけれど」「うーん、相手次第ですねえ。私が働かなくてもいいだけの収入のある人との結婚だったら、“ちょっと休んで子育て”にも魅力を感じています」「今一生懸命仕事をするのは、いずれ出産で辞めることもあるかもしれないから。悔いがないようにしておきたい。もちろん結婚しないかもしれない可能性も、考えていますよ」。いずれも団塊ジュニア世代の未婚女性たちのセリフである。

 もちろん仕事に恵まれ、一生働いていきたいという女性たちもいる。「一生キャリ派」が2割ぐらいとしても、6割ぐらいが「彼の年収次第、状況次第」という「フレキシブル派」、あとの2割ぐらいが「子育ては自分で、お金は夫が稼いで派」のような感じがする。この中間層のフレキシブル派の声は、杓子定規なアンケートでは出てこないのだ。

 「稼ぎは夫がメインで」という意識を変えるためには、女性たちが働き続けられる環境、働き続けたいと思えるモチベーションが必要になる。そのために変わらなくてはならないのが、まず日本の会社の風土。

 日本では女性の本格雇用、活用はここ1~2年で、やっと盛んになってきたばかり。つい3年前に某家電メーカーの労組部長の口から「ただでさえリストラをかけているんだ。女性たちには、結婚出産して早く退職してほしい」という言葉を確かに聞いていたのに、いまや「優秀な女性の労働力を確保するためにも出産退社を防がなくては」という。今までは「お荷物」扱いだったのに、急に「優秀な人材」とされる女性社員。手のひらを返したようにコロリと変わっている。

 まあ、この「コロリ」感にはちょっと気持ちの悪さを感じるが、制度面は国を挙げて変わりつつあるので、女性活用の企業の本気度には希望は持てる。求められ、評価されるとどんどんモチベーションが上がるのが女性。だから女性をやる気にさせる上司や会社の風土は、本当に重要なのだ。

女性をやる気にさせる上司の必要性

 やる気にさせる上司のおかげで、「自分はいくらでも代わりの利くただの事務職と思っていたけれど、新しい上司が細かく見ていて褒めてくれる人で、いつの間にか仕事に対する気持ちが前向きになった」という女性もいる。ジョヤンテ代表取締役の川崎貴子さんも「打ち上げ花火ではなく、毎日の水やりで女性を伸ばす」と、女性の部下の扱い方を書いている(『上司の頭はまる見え』サンマーク出版)。

 ただ女性活用の機運は、今のところ大企業のみが恵まれていて、さらに都会のみにチャンスがあるのが、今後の大きな問題だろう。特に地方の雇用状況はひどく、あるセミナーに参加してくれた東北地方の未婚男女たちが「男性は低年収」「女性は非正規社員」と言う現状に、救いのなさを感じた。

 特に女性は、都会で働いていても何らかの事情で故郷に帰った途端、または最初の仕事を何らかの事情で辞めた途端、非正規雇用から抜け出せない現状があったのだ。そして女性たちも「自分の仕事がちゃんと安定しないうちは、結婚なんて…」と、結婚に消極的。経済の元気のないところには、結婚だって見つからないのが、今の日本の地方の少子化問題でもある。

コメント25件コメント/レビュー

独居老人大国か…。警鐘を鳴らすだけでなく、そうなった時のケア等も視点においてビジネスを創造していくのが経済界の役割なのではないか。話は変わるが、冷やかしで登録した某結婚情報サービスの営業がしつこすぎる。入会金や会費が低年収の私が投入できる金額を超えている。そんな私が、生活を圧迫してまでパートナーを探す理由が見当たらない。そんなことにお金を使うくらいなら、国債でも買った方がまだましだ。(2006/11/26)

「白河桃子の「“キャリモテ”の時代」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

独居老人大国か…。警鐘を鳴らすだけでなく、そうなった時のケア等も視点においてビジネスを創造していくのが経済界の役割なのではないか。話は変わるが、冷やかしで登録した某結婚情報サービスの営業がしつこすぎる。入会金や会費が低年収の私が投入できる金額を超えている。そんな私が、生活を圧迫してまでパートナーを探す理由が見当たらない。そんなことにお金を使うくらいなら、国債でも買った方がまだましだ。(2006/11/26)

仕事をしながら、私生活も充実したい女性にとって、楽しみにしている記事です。家庭か仕事か二者択一しかないと思っている人は、まだまだ多いので、このような考え方もあるということを知ってもらうことは、よいことだと思います。(2006/11/23)

伝統というと、実は日本の歴史上、結構女性の自由度は高かったりする。和泉式部なんて今の女性なんじゃないの、平安ってこんななのかって感じだし、鎌倉時代は実は均等相続だったから女性にも相続権があったりした。尼将軍と三条女御によって政治がされて北条執権の初期ができ、戦国は日野富子が一方の主人公で始まり、宣教師ルイスフロイスは日本女性をみて「日本の女性は自由である。また日本女性は処女を重視したりしない」と書いている。だから、女性「進化」とはいえない。ちなみに、上の例はその時代をつぶした事件なのではあるが。和泉式部が奔放に生きられたのは荘園という脱税のおかげ(朝廷は当然破綻する)、平等相続は武士の力をそぎ、北条執権は源氏を滅ぼした。日野富子は日本一金に汚く応仁の乱を長引かせ、戦国時代を招いた。あくまで恣意的にかけば、こういう言い方もできますね。卑弥呼は女性の自由の象徴ではないでしょう。神子(みこ)であり、神の妻だろうから(笑)(2006/11/21)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

お客様が低価格に慣れてきている。

片岡 優 ジェットスター・ジャパン社長