• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

キレやすい同僚と、どうつき合っていけばいいか?

  • 大塚 葉

バックナンバー

2006年11月28日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

今回の回答者
吉川まりえさん吉川まりえさんの回答 ->
田中雅子さん田中雅子さんの回答 ->
植田寿乃さん植田寿乃さんの回答 ->


今回の相談
Q 同じチームの同僚が、会議などですぐにキレるのです。どうつき合っていけばいいでしょうか。

 チームで一緒に仕事をしている同僚のことで相談です。あるプロジェクトを進めているのですが、打ち合わせなどをしている時に、私が彼と異なる意見を言ったりすると、すぐにキレてしまいます。「女性はヒステリックになりやすい」という人がいますが、ヒステリックとは彼のことを言うのでは、と思うほどで、困っています。

 私自身はどちらかというと感情をあらわにして話すのが苦手で、会議や打ち合わせをする時は、順序だてて論理的に説明する方です。ただ、私の友人にこの同僚のことを話したところ、「あなたが論理的に話すので、逆に腹が立つんじゃないの?」と言われました。

 こういう時は、こちらも感情を込めて(?)話した方が効果的なのでしょうか。普段から、あまり声を荒げたりしたことがないので…。それとも今まで通り、自分のやり方で彼と接した方がいいのでしょうか。 (文具メーカー勤務、33歳、女性)

※Webメンターへのご質問を募集しています。オフィスでの仕事や人間関係に関するご相談をこちらまでお寄せください。性別、業種と年齢もお書き添えください。


Webメンターがお答えします

吉川まりえさんの回答
A 相手の性格に合わせ、共感を得られるよう対話を続けましょう。

 仕事をしていると、苦手な人とチームになってしまうことは避けられません。災難ですが、優秀な人は、どんな相手とでも素晴らしいチームワークを発揮します。同僚と建設的な意見を交わしあい、プロジェクトを成功に導くためには、お互いが、仕事上では信頼し合い対話できる状態になることが重要です。

 あなたは、相手との間が険悪になっていくのに気づいているのに、淡々と説明を続けていませんか?自分の提案やアイデアを認めてもらうには、相手の心をグッと惹きつけ、共感してもらえるような話し方をする必要があります。

 どんな話し方で共感してもらえるかは、相手によって異なります。一律に論理的な説明をするだけでは、提案の趣旨は理解してもらえても、共感が得られないことがあります。まず相手の立場や動機を理解し、相手はどんな考えに基づいてどんな行動を取るのかを考えながら、提案をしたり、場合によっては妥協点を探りながら話しましょう。

 私自身も、大声で自分の主張を通そうとしたり、頭ごなしに私の意見はダメだと決めてかかる人と一緒に仕事をしたことがあります。彼には、私の年齢や経験に関する先入観があったようで、話をまるで聞いてくれなかったのです。それまでの自分のやり方では通じないので、どうやって相手と会話できるようになるか必死に考えて対応しました。

 いいアイデアでも、第一関門のプロジェクトチームの賛同を得られなければ日の目を見ることはありません。その点では、身近な人に意見を言う時ほど神経を使う必要があります。彼には普段から積極的に話しかけて、自分の考え方を知ってもらったり、逆に相手を知る努力をしました。

 企画書なども自分ひとりで完璧に作ろうとせず、相手の意見を取り入れる工夫もしました。相手を良く知っていれば、出方を予測した上で、「ここは、あなたが先日言っていたアイデアを入れようとしたのだけれど、うまくまとめられなかったので、教えてもらえる?」などと言うこともできます。

 面倒臭くなったこともありますが、めげずに根気よく対話を続けたところ、半年から1年ぐらいかかって、何とか相手から対等に話してもらえるようになりました。ちょっとクセ者の人だったので、上司からも「あの人に対してよくキレずに、プロに徹して仕事を完成させたね」と評価されました。

 相手に合わせて会話をすることは、妥協や迎合とは違います。どうしたらうまく同僚と対話できるのか、頑張って糸口を探してください。誰と組ませてもパフォーマンスを出せる人は、必ず評価されます。決して負けにも損にもなりません。

吉川まりえさん
吉川まりえさん(37歳)

アイドーム取締役社長
大学卒業後、三井海上火災保険(現三井住友海上火災保険)、米国での美術館勤務を経て、1995年米シスコシステムズに入社。アドミニストレーター、ウェブマーケティングなどを担当。働きながらMBA(経営学修士)を取得し、インターネットビジネスソリューションズグループ・シニアコンサルタントとして活躍。社内の女性活躍委員長も務める。出産を機に高品質な育児サポートの必要性を感じ、2006年に独立、放課後保育サービス環優舎をスタート。http://www.kanyusha.com/

【田中雅子さんのお答えは?次へ

コメント2

「職場の悩みにWebメンターが回答」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トップの身の丈が組織の限界を作る。

多田 荘一郎 GEヘルスケア・ジャパン社長兼CEO