• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

第11回 ツッコミ男子
~「空気」が大事なバラエティの申し子

  • 深澤 真紀

バックナンバー

2006年12月1日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 ここ数年のお笑いブームは、まだ続きそうな勢いです。

 いまや、お笑い芸人は、お笑いやバラエティーだけでなく、役者としても活躍し、歌手としてもヒットを出し、小説やエッセイではベストセラー、ニュース番組やスポーツ番組のキャスターも務め、ファッション・リーダーだったりもします。

 女性芸能人との結婚や交際発覚も続き、「お笑い芸人ばかりなぜもてる?」という特集もよく見かけます。

 志村けん、ビートたけし、明石家さんま、ダウンダウン、とんねるず、ナインティナイン、ロンドンブーツ1号2号、最近の数多くの若手芸人まで……、

 今やお笑い芸人は笑われる存在ではなく、リスペクトされる存在にもなっているのです。

 U35男子は、小さな頃から、数々のお笑い番組やバラエティー番組を見てきました。

 彼らは、お笑い芸人のキャラや人間関係、芸人同士の隠語などを、身近なものとしてとらえてきました。

 そんな彼らにとって、お笑いやバラエティーのように、「ノリがいいこと」、「空気を読めること」、「キャラがたっていること」、「オチのある話をすること」、「うまくツッコミができること」は、とても大事なことなのです。

 こうした影響を強く受けた男子を、「ツッコミ男子」と呼びましょう。

「空気」と「キャラ」が大事なツッコミ男子

 「ノリが悪い」「空気が読めない」「キャラがない(弱い)」というのは、今時のU35男子にとっては、なんとしても避けたいことです。

 そして、「イタい」「サムい」「キモい」「ウザい」といわれたら、致命的です。

 ツッコミ男子は、そう言われないように、そのときどきの人間関係の中で、自分のキャラ、立ち位置を読んで、場になじんでは、他人にどんどんツッコんでいきます。

 この連載の第1回でも取り上げた、ドラマ化された小説「野ブタ。をプロデュース」も、男子たちの空気感を取り上げた話です。

 ドラマでは女子になっていますが、原作では、イケていない「野ブタ」というあだ名の男子を、クラスの人気者にプロデュースします。

 それがある日、ちょっとしたことから、プロデュースしていた人気者だった男子のほうが嫌われるようになるという、高校生たちの姿を描いたものでした。

 また今年、野性時代青春文学大賞をとった『りはめより100倍恐ろしい』という小説があります。

 このタイトルの意味は「(いじ)りは(いじ)めより恐ろしい」というもの。

 本の帯には、「いじられたら、それでおしまい。ここは戦場なのだ。」とあります。

 中学でいじられキャラ男子が、高校に入り、なんとかいじりキャラ側になったものの、またいじられるようになるというものでした。

 この2つの小説は両方とも、同世代の男子作家によって書かれたのですが、人気のある人間、いじられる人間の関係があっという間に変わってしまうという、とてもリアルな男子の空気感を描いています。

ツッコミ男子は女子にもてる

 現代において、ツッコミ男子は、男子からも女子からも、人気があり、もてる存在です。

 お笑い芸人でいえば、明石家さんま、島田紳助、ダウンタウンの浜田雅功、ロンドンブーツ1号2号の田村淳。

 彼らの共通点は、「踊るさんま御殿」、「行列のできる法律相談所」、「ダウンタウンDX」、「ロンドンハーツ」など、バラエティー番組の司会者として、多くの出演者に、話題を振り、的確にツッコんでいく、ということ。

 「ツッコめる」「場を回せる」ことこそ、頭がよくて、イケていると思われる時代なのです。

 たとえば、若手芸人の中では、ロンブー(編集部注:ロンドンブーツ1号2号の略称)の淳は、特にツッコミ男子からリスペクトされる存在です。なぜか?

コメント5件コメント/レビュー

ああ「ツッコミ」って 『冷やかし』 の言葉なんだな・・なんて 再確認しちゃいました。 この文面で得たことといえば そのくらい。誰もがみな モテようとして空気を読んで 気配りするわけじゃないでしょ。 それより前提にあるのは 相手への思いやりとか感性の問題ではないでしょうか。 そりゃマスコミや出版界は人気とイメージが要の商売ですから, 同文面のような カテゴライズによる大衆への「擦り込み」は 正否を問わず,必要不可欠なのかもしれませんが・・・ なんだか こんな「冷やかし」までもがまかり通ると 実直に誠実に心優しく生きている人間が ダジャレの対象・クイモノにされているようで悲しくも思えます。(2007/02/03)

「U35男子マーケティング図鑑」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ああ「ツッコミ」って 『冷やかし』 の言葉なんだな・・なんて 再確認しちゃいました。 この文面で得たことといえば そのくらい。誰もがみな モテようとして空気を読んで 気配りするわけじゃないでしょ。 それより前提にあるのは 相手への思いやりとか感性の問題ではないでしょうか。 そりゃマスコミや出版界は人気とイメージが要の商売ですから, 同文面のような カテゴライズによる大衆への「擦り込み」は 正否を問わず,必要不可欠なのかもしれませんが・・・ なんだか こんな「冷やかし」までもがまかり通ると 実直に誠実に心優しく生きている人間が ダジャレの対象・クイモノにされているようで悲しくも思えます。(2007/02/03)

「笑われる存在」は芸人ではありません.「笑わせる(能力をもった)存在」が芸人なのです.少なくとも関西では.(2006/12/22)

>今やお笑い芸人は笑われる存在ではなく、リスペクトされる存在にもなっているのです。 誰も尊敬なんてしていないと思います 。いじめがこれだけ社会問題化しているのにテレビのなかで平然といじめ行為をくりかえしたり、下品な言動で世相を荒らす芸人達を必要としているのはあなたたちメディアだけでしょう。 (2006/12/04)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授