• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

第13回 花ムコ男子
~恋愛、結婚は“ぼくの”大イベント

  • 深澤 真紀

バックナンバー

2006年12月15日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 恋愛、結婚は、女性にとっては昔も今も大きなテーマです。

 そして、U35男子にとっても、今や恋愛、結婚は一大関心事。

 そんな彼らを「花ムコ男子」と名づけます。

「つき合って3カ月」をお祝い

 花ムコ男子はそもそも記念日やイベントが大好きです。

 たとえば今のカップルは「つき合って何周年記念日」ではなくて、「つき合って何カ月記念日」を祝うのです。
 
 旧世代の男性にとっては、彼女や妻との記念日は鬼門ですらありました。

 「はじめてデートした記念日を忘れた!」などと彼女に怒られて、「そこまでは覚えてないよ…」とぼやいていたわけです。

 しかし、花ムコ男子は、ケータイのスケジュール帳に、彼女とのありとあらゆる記念日を入れておいて、その日が来れば「今日でつき合って3カ月だね!」などとメールするのです。

 もちろんクリスマスなどのカップルイベントも大好きです。

 彼らにとって、クリスマスをひとりで過ごすのはありえないこと。

 この時期に彼女がいなければ、クリスマスを一緒に過ごすためにも、彼女探しに躍起になります。

結婚式は人生最大のイベントである花ムコ男子

 そして、花ムコ男子は、恋愛イベントに情熱をかけ、プロポーズに工夫をこらし、結婚式・披露宴に情熱をかけます。

 花ムコ男子にとって、結婚は人生最大のイベントなのです。

 「ペーパーアイテム」という言葉をご存じでしょうか。

 結婚にまつわる紙モノ──招待状、席次表、席札、メニュー表などをペーパーアイテムと呼んでいて、今のカップルはそれを自分たちで作るのです。

 東急ハンズや大型文房具店のウエディング用ペーパーアイテムコーナーの充実ぶりは、驚くほどです。

 今はパソコンとプリンターがあるので、センスのよいペーパーアイテムを作るのもけっこう簡単ですし、業者に頼むとお金や時間もかかるので、自作の方が合理的ということもあります。

 しかし、花ムコ男子がペーパーアイテムを自ら作るのは、「自分たちらしい」結婚式をしたいから。

 従来は、こういったことに情熱をかけるのは、花嫁となる女性がほとんどでした。

 「好きなようにしていいよ、全部任せるよ」という男性に、「任せるって言ったって私だけじゃ決められないよ!」という女性。それでもめることはよくある光景でした。

 いまや、ホテルなどで行われるウエディング相談会では、カップルの両方が熱心に、参加しています。

 彼女がウエディングドレスを試着すれば、そのすべてを写真やムービーで撮る花ムコ男子という光景もよく見かけます。

 彼らは、ペーパーアイテムだけでなく、会場でかける音楽を編集し、食事を吟味し、進行やイベントも工夫し、引き出物もこだわるのです。

コメント2

「U35男子マーケティング図鑑」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トランプ政権のここまでの動きはスロー。

ジョセフ・ナイ 米ハーバード大学特別功労教授