• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

第19回 素面男子
~なぜ「飲む、打つ、買う」?意味わからないです

  • 深澤 真紀

バックナンバー

2007年2月9日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 U35男子に対して、「とにかく今の若いやつらは酒を飲まない。面白くない」と、嘆く人は多いようです。

 そんな、酒席に参加しなかったり、参加しても酒をあまり飲まない彼らを「素面男子」と名づけます。

酒もたばこもギャンブルも、お金払う意味が見いだせない

 素面男子は酒を飲まないだけでなく、たばこ、コーヒー、ギャンブル、風俗などの嗜好にあまり興味がありません。

 「飲む、打つ、買う」という言葉さえ聞いたことがない男子が多いのです。
 
 彼らが誕生したのにはいくつかの理由があります。

 まず、酒席に参加しないのは、プライベートまで会社の上司と一緒にいるのがイヤだからです。ましてワケの分からない自慢をされたり、説教されるのはお断りです。

 それならば友達や彼女と過ごすか、1人で過ごす方がずっといいのです。

 ギャンブルや風俗にお金を使わないのは、お金を使ってまでそんなことをすることの「意味がわからない」から。

 ギャンブルするくらいなら、パチンコも麻雀も競馬もゲームソフトで十分です。

 風俗に行くくらいなら、アダルトサイトやアダルトビデオも充実していますし、ナンパか出会い系で女の子に出会った方がお金もかかりません。

 酒やたばこやコーヒーを飲まなかったりするのは、彼らが臭いものが苦手だから。

 小さな頃から水洗トイレで育ち、消臭グッズに囲まれて、清潔に育ってきた彼らは、匂いに敏感なのです。

リフレッシュしたい素面男子

 素面男子にとっての嗜好と上の世代との差は、以下のような感じです。

 居酒屋→ファミレス
 たばこ→フリスク
 コーヒー→紅茶
 ギャンブル→ゲーム
 風俗→アダルトサイトや出会い系

 彼らにとっては、嗜好品(栄養を取るためでなく、その人の好みによって味わい楽しむ飲食物、コーヒー・タバコ・酒など)よりも、リフレッシュメント(refreshment、元気を回復させること)が大事なのです。

 仕事や人間関係で疲れる中で、自分を取り戻すことが必要なのです。

 わざわざ、会社の人と過ごしたり、高いお金を払ったり、臭いものに囲まれては、リフレッシュなどできません。

 たとえば彼らは、本当にフリスクやガムが大好き。

 そして、ケータイのストラップにこるように、フリスクケースにこだわります。

 この手のリフレッシュメント用のガムが大きなボトルで販売されるようになって数年になりますが、彼らはこのボトルを手放しません。

 素面男子の机には、フリスクケースかガムボトルがあることでしょう。

 また彼らは、アロマテラピーやスイーツなども大好き。
 気分によってアロマを使い分ける男子は多いです。

 またコンビニでは甘いものを買うのは若い男性が多いというデータさえ出ているそうですし、デパ地下のスイートコーナーでも男子の姿をよく見かけます。

おしゃべりや散歩が好きな素面男子

 酒席で語る代わりに、素面男子は散歩したりおしゃべりしたりします。

 彼らが人間関係を構築するうえで、散歩やおしゃべりはとても重要な要素です。

 彼らは、たばこ臭い居酒屋で高いお金を払って、飲み会に参加するよりも、ファミレスの禁煙席で、ドリンクバーで飲みながら、何時間でもあれこれおしゃべりするのです。

コメント75

「U35男子マーケティング図鑑」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

富士山を目標にする人はいつか富士山には登れるでしょうが、エベレストには登れない。

澤田 秀雄 エイチ・アイ・エス会長兼社長、ハウステンボス社長