• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

【第9回】男性のターゲット設定その3

育児の楽しさを理解し妻の仕事を応援できる
「ワークライフバランス王子」を探そう

  • 白河桃子

バックナンバー

[1/4ページ]

2007年2月13日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「女は産む機械」発言で、日本中が大騒ぎ。このコラムにも深く関わるテーマなので、ひと言触れてから本題に入りたい。

 最初にこの発言を聞いた時は、「うわあ、モチベーション下がるなあ。男だって『あなたはお金を作る機械だから、頑張って稼いでね』と言われたら、ちゃぶ台ひっくり返してグレてしまいそう」と思った。

 柳沢厚生労働相は昭和10年生まれの「オールドタイプ日本男児」だけれど、妻の紀子さんは東京芸術大学出の版画家で、60歳を過ぎてから武蔵野美術大学で教壇に立っているらしい。この世代の女性としては珍しく、自分の仕事を持った妻がいるというのに、この発言。…救いようがない。

 結局「少子化問題」というのは、男性にとっては「女性が頑張って」と他人事だ。だから、いくら対策を講じてもポイントがずれてしまうのだと思う。

「ワークライフバランス王国」の男性もいる

 戦後の「男女役割分担時代」は長すぎた。その間、同じ日本の中なのに「男の国」には「仕事と男」が住み、「女の国」には「女と子供」が住んでいたのである。仕事をしたい女は「男の国」に“出稼ぎ”にいくしかなかった。

 しかし最近、「仕事」の方が「女の国」にも越境しようとしている。「女の国」に「仕事と女と子供」が住めば、あとは男も引っ越してくればいいのに、なかなかそれができない。相変わらず違う国に住んで、「女の国」の人口が増えるように、遠くから「支援」している感じ。…これがわが国の少子化対策なのだ。

 この男と女の“国境”を意識の上で取っ払った男性が、「バリアフリー物件」であり、この人たちがするすると国境を行き来しているうちに、ちゃっかり「女と子供と仕事の国」の住人になったりする。「女と子供と仕事の国」は、「ワークライフバランス王国」(注1)でもある。

 その王国の1人は、『経産省の山田課長補佐、ただいま育休中』(注2)(日本経済新聞社)で有名になった、経済産業研究所の山田正人さんである。妻は同期入省で、4歳の双子が生まれた時は自分の働き方を変えなかったが、3番目の子(2歳)の時は、夫である山田さんが1年間育休を取った。

 「理解がある職場ですね。ウチで育休なんか取ったら、一生這い上がれない」などという同期の声に見送られ、最初は子育ての不安と孤独に苛まれながら(これは、女性と一緒ですね)、結局1年後は「こんなに楽しいことを母親に独占させていたのか」と、育児、というか「仕事一辺倒ではない人生」に目覚めてしまうのだ。しかし山田さんがそのことを男友達に熱く語っても、全く理解されない。

コメント159件コメント/レビュー

同感する部分も多い反面、自分自身を見直さなきゃ、とも思いました。私は家庭と仕事を両立させようとして失敗し、離婚に至っているのですが、やはり、男の国に入って、同じ土俵で肩並べて結果を出す、という短距離走的な仕事の仕方をずっとしてました。30過ぎて、そんな働き方に疲れ果てて、楽な仕事がしたい!!と年収を300万も下げて、未経験の事務職に転職したのに、このご時世、残業代もなく月50時間は残業するような有様。新しい彼氏も、女性が仕事を続けるのは当然、けど、家のことをやるのも女性がやって当然、という考え方。定期的に回ってくる研修の為、家でもいろいろ仕事に関することをやらなきゃならないし、帰りも遅い。けど、家のことをやるのは私だけ。寝るのも彼より遅いし、朝も早い。けど、とりあえず、環境を変えるためには文句ばかり言っていてもだめなんですね。彼に変わってもらう為の土壌づくりを着々と進めないと。。。って、やっぱり女性の負担が大きすぎる気がして、少し納得がいきませんが、まぁ、・正社員の口があるだけまし・一人のさみしさもないということだけでも、満足しなくちゃならないものかと感じています。(2008/11/24)

オススメ情報

「白河桃子の「“キャリモテ”の時代」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

同感する部分も多い反面、自分自身を見直さなきゃ、とも思いました。私は家庭と仕事を両立させようとして失敗し、離婚に至っているのですが、やはり、男の国に入って、同じ土俵で肩並べて結果を出す、という短距離走的な仕事の仕方をずっとしてました。30過ぎて、そんな働き方に疲れ果てて、楽な仕事がしたい!!と年収を300万も下げて、未経験の事務職に転職したのに、このご時世、残業代もなく月50時間は残業するような有様。新しい彼氏も、女性が仕事を続けるのは当然、けど、家のことをやるのも女性がやって当然、という考え方。定期的に回ってくる研修の為、家でもいろいろ仕事に関することをやらなきゃならないし、帰りも遅い。けど、家のことをやるのは私だけ。寝るのも彼より遅いし、朝も早い。けど、とりあえず、環境を変えるためには文句ばかり言っていてもだめなんですね。彼に変わってもらう為の土壌づくりを着々と進めないと。。。って、やっぱり女性の負担が大きすぎる気がして、少し納得がいきませんが、まぁ、・正社員の口があるだけまし・一人のさみしさもないということだけでも、満足しなくちゃならないものかと感じています。(2008/11/24)

家族を養う母がいてもいいとは思うけど、母親を放棄するような人とは結婚したくないなぁ。家事はともかく、子育てには母親の役割、父親の役割ってあるんだからさ。勘違いしないでね、これって男女差別じゃないよ、負担は一緒だからね。(2007/03/13)

ワークライフバランスって、子供がいない家庭、もしくは子供が赤ちゃんの状態しか見てないようだけれど実際中学校、高校に入る頃まで続けられるのだろうか?(2007/03/12)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

断ればいいんです。値段を上げればいいんです。そうしないと労働時間の短縮なんて、できるはずないですよ

神津 里季生 連合会長