• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

最終回 適当男子
~先が見えない不安の中でサバイバル

  • 深澤 真紀

バックナンバー

2007年3月9日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

U35男子に好かれる「適当おじさん」

 U35男子は、トシをとりたくないものだ、おじさんにはなりたくないものだ、と思っています。

 しかしそんな彼らにも、こんな人ならなってみたいという、好きなおじさんたちがいます。

 所ジョージ、関根勤、高田純次。

 このおじさんたちは、よく「適当」と称されますが、U35男子はそんなふうに適当に生きる「適当おじさん」にあこがれているのです。

 そんな彼らを「適当男子」と名づけます。

 「適当」には以下の2つの意味があります。
 (1)ある状態や目的などに、ほどよくあてはまること。「―した人物」「―な広さ」
 (2)その場に合わせて要領よくやること。いい加減。「―にあしらう」(広辞苑より)

 適当男子の目指すものは、(2)の「いい加減」ではなく、(1)の「ほどよく」の方なのです。

 テレビ番組で言えば「タモリ倶楽部」の世界。
 端から見るとくだらなく見えるネタを、大の大人が楽しげに遊んでいる低予算番組ですが、適当男子は、「タモリ倶楽部を見るとなんだかほっとしますよ」というのです。

所ジョージが「理想の上司」に選ばれるのは

 所ジョージ(1955年生まれ)は「理想の男性上司」で、2001年から5年連続で2位に選ばれています(2006年は3位)。

 シンガーアンドソングコメディアンとしてデビューしましたが、俳優としても黒澤明の映画「まあだだよ」に出演して日本アカデミー賞・優秀助演男優賞を受賞したり、多くの著書もあり、広いジャンルで活躍しています。

 彼が適当男子に支持されるのは、その趣味の広さです。
 アメ車、バイクのカスタム、ラジコン、フィギュアから、スニーカー、ライター、スカジャンなどのコレクションはすべてプロ並みですし、それを自身の出演する番組などでも取り上げています。

 また遊ぶために沖縄に家を建てたり、とにかく楽しむための努力は惜しみません。

大物にも若手にも愛される関根勤

 関根勤(1953年生まれ)は、欽ちゃん(萩本欽一)ファミリーでありながら、タモリ、明石家さんま、ビートたけしのビッグ3をはじめ、ダウンタウン、ウッチャンナンチャン、ナインティナイン、とんねるずなどの番組で欠かせない存在で、彼らからの絶大な信頼も寄せられています。

 彼はなんでもないトークを拾ってくれたり、面白がってくれたり、笑ってくれるので、大物のみならず若手からも尊敬され、共演したいと思われています。

 好感度が高いだけではありません。彼のもうひとつの持ち味はシュールでマニアックなトークです。
 たとえば彼の持ちネタは「似てないものまね」。また、格闘技マニア、アイドルマニアでもあります。

 小堺一機とともにパーソナリティーを務めるラジオ番組などで、これらのマニアックなトークを披露し、リスナーに支持されています。

 また、彼は「ベストファーザー賞」も受賞しています。

「芸能界一適当な男」高田純次

 高田純次(1947年生まれ)は、さまざまな番組で「平成の無責任男」「芸能界一適当な男」などと言われています。

 昨年『適当論』という本まで出し、今年「適当伝説」というDVDも発売されます。
 また、彼の適当な発言を採集してまとめた「高田純次発言集」という人気サイトもあるくらいです。

 彼は、「天才・たけしの元気が出るテレビ!!」のリポーターで注目されたのですが、そのリポートのあまりなくだらなさ、いい加減ぶりでブレイクしました。

 彼は、バラエティ番組でも、まったく流れを読んだりしていないように見えます。
その時の話題と全然関係ないことを言い出したり、ぼーっとして話を聞いていなかったり、あげくに寝てしまうことさえある。
 
 しかしその見事ないい加減ぶりに、共演者たちに一目置かれるようになり、尊敬されたり、目標にされたりしています。

適当男子の目指す生き方

 彼ら3人はほぼ団塊の世代ですが、適当男子に支持される理由はいくつかあります。
 具体的に列記してみましょう。

コメント15件コメント/レビュー

今更、このコラムに気が付き、バックナンバーを一気に読みました!!(特に、このコメント欄も全件)いや、興味深いコラムを載せていて、日経もおもしろいですよね。私は31男子なので、どんぴしゃですが、コラムに描かれている話で「そんなやつ、いる?」が「あるかも」を圧倒的に上回っていたものの、読み物としては、楽しい時間を過ごせました。有料の日経ビジネス誌ではなく、こうして無料のネットだからこそ、日経さんもいろいろ挑戦できているのかなあと、素直に肯定。(子供がいるのですが、NHKの教育番組見ても、同じことを思います)コラムニストは、大勢の批判と向き合ってこそだと思うので、反応なしよりいいですよね。また読んでみたいコラムニストの一人です。でも、まだ無料の域で。。。(2007/04/11)

「U35男子マーケティング図鑑」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

今更、このコラムに気が付き、バックナンバーを一気に読みました!!(特に、このコメント欄も全件)いや、興味深いコラムを載せていて、日経もおもしろいですよね。私は31男子なので、どんぴしゃですが、コラムに描かれている話で「そんなやつ、いる?」が「あるかも」を圧倒的に上回っていたものの、読み物としては、楽しい時間を過ごせました。有料の日経ビジネス誌ではなく、こうして無料のネットだからこそ、日経さんもいろいろ挑戦できているのかなあと、素直に肯定。(子供がいるのですが、NHKの教育番組見ても、同じことを思います)コラムニストは、大勢の批判と向き合ってこそだと思うので、反応なしよりいいですよね。また読んでみたいコラムニストの一人です。でも、まだ無料の域で。。。(2007/04/11)

毎回,クスリと笑わされるエッセーでした.ところで,今回の内容で,「団塊の世代」という言葉の認識に誤りがあります.1955年生まれの所ジョージ氏と,1953年生まれの関根氏までひっくるめて,彼らは団塊の世代というようにあつかってます,「団塊の世代」=「ベビーブーマー」は,1945年に戦争が終わり,兵隊さん達が家に帰ってきてできた子ども達です.世界的な現象で,クリントン大統領もベビーブーマー世代の1人ですよね.一方,1955年前後は,「もう戦後ではない」といわれた時期で,人口構成上も前後と比較すると相当に少数の世代です.1955年前後を,「団塊の世代」というのは乱暴すぎるくくりです.(2007/03/16)

いつもコメント欄から先に読み,時には反論もしてきたものです。今となっては,「日経みたいな お堅いメディアの中にも,こんな居酒屋みたいに みんなで頭を寄せ合えるコラムがあっても良かったんじゃないかな・・・」なんて 思います。その意味では希少価値だったような気も。半端な感情の一読者の私の望みですが,編集さん,深沢さんのこと 呼び戻してもらえませんか? 別の題材で 彼女にもうひと勝負 させませんか? みんな,またここで座布団投げ合って 論戦しそうで,面白いじゃないですか。深沢さんも今ごろ 新宿か高田馬場周辺の飲み屋で,一杯やってるかもしれませんよ。(2007/03/14)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

(マンションの即日完売という)異常な状況が、普通のところに戻ってきたのです。

沓掛 英二 野村不動産ホールディングス社長