• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

スキルだけではリーダーにはなれません~「HOW」よりも「WHAT」をつくる3つの視点

野々村さん、自動車メーカーの人材開発センター長を訪ねる

  • 野々村 人事部長, 永禮 弘之

バックナンバー

2007年4月9日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 前回に続き、今、人事部長たちが研修制度に対して抱いている問題意識を紹介する。野々村さんをはじめ企業の人事担当者たちが漠然と感じているのが「最近の企業研修がスキル習得に偏り過ぎてないだろうか?」ということ。

 人事担当者の代弁者、野々村さんはこう語る。

 「会社に成果主義が導入されてから、会社ばかりではなく社員も自分の携わる仕事の生産性を上げることを気にするようになってきた。だから、スキルの習得への関心が高まっている。これはこれで良い面もある。だからこそ、我々もそうしたスキル研修のプログラムを用意してきた。でも、その一方で、実務に必要なスキルばかり力を入れていていいのか、という疑問もある。社員全員が実務的な能力ばかり伸ばしていてもね、このまま激しい変化に耐えられる組織であり続けられるのか・・・」

野々村さん、自動車メーカーを訪ねる

 野々村部長は某大手自動車メーカーA社を訪ねた。A社の人材開発センター長上田さんとは以前、人事担当者の懇談会で知り合いになった。同社の取り組みや上田さんの意見を聞いてみたいと思ったのだ。

野々村部長: 「今日は企業の人材育成のあり方について、率直なご意見を伺いたいと思っています。私どもの会社では、一般社員の教育は自主性を重んじて様々なスキル研修を用意してます。スキル習得は業務達成のために重要なので、今年はこれまでの反省に立って中身を見直していく予定です。ただ、人を育てるにあたりスキル習得以外にどんな取り組みが必要かヒントをいただきたいと思いまして・・・」

一部の幹部だけを育てるだけでは対応できない

上田・人材開発センター長: 「やることは山ほどあると思いますが、うちではリーダーシップ教育に力を入れています。幹部だけではなく、組織のあらゆる層でリーダーを育てるためです。一握りの人だけがリーダーシップを発揮しても組織全体を動かすのは難しい。変化の激しい時代ですから、お客様をはじめとする様々な関係者の要望や変化に素早く対応しなくてはいけない。そうすると、やはりあらゆる層の人に、自分自身で考え実行できるリーダーシップと能力を身につけてもらう必要がある」

野々村部長: 「うちでも自主、自立を掲げています」

 野々村部長もすこし安心したように言った。

上田人材開発センター長: 「そう、自主や自立は大切です。ただ、本当の意味での自主・自立というのは専門知識やスキル、つまり『HOW』を身につけるだけではムリなんです。やはり『WHAT』を明確にできるようになること。リーダーシップの出発点は、何をしたらいいかを明確にする力です。自分たちはどうありたいのか、その達成のために何をすべきか、を自分で考えて部下にきちんと伝えていくことが、リーダーの一番大切な役割です。人や組織が動く方向や動機を与えるものです。WHATは経営者だけがつくるもの、現場の自分たちは運営のスキル、HOWを身につけていればいいという意識では、管理職は務まらないですね」

コメント3件コメント/レビュー

どうもよく分かりません。多くの読書もそうなのではないでしょうか。心理学では古くから5W1Hが言われています。When,Where,Who,What,Howです。この5つが分かって出来れば、仕事も出来るわけです。Whatは課題や作業の内容とか目標を意味します。これはここでは課題発見能力と言うことでしょうか。それなら分からないこともありませんが。もう少し説明して欲しいと思いました。ある企業にとってある時期に他の人では考えられない課題を見つけて、それを推進させる能力を持つことになるのでしょう。(2007/04/09)

「野々村人事部長の歳時記」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

どうもよく分かりません。多くの読書もそうなのではないでしょうか。心理学では古くから5W1Hが言われています。When,Where,Who,What,Howです。この5つが分かって出来れば、仕事も出来るわけです。Whatは課題や作業の内容とか目標を意味します。これはここでは課題発見能力と言うことでしょうか。それなら分からないこともありませんが。もう少し説明して欲しいと思いました。ある企業にとってある時期に他の人では考えられない課題を見つけて、それを推進させる能力を持つことになるのでしょう。(2007/04/09)

ごもっとも、おっしゃる通りです。howよりhowautが大事です。私は何時も社員同士が互いに理解と納得できる会話や、討論ができているか?家族も友人も同じ会社の社員も全て顧客である。自身が取り扱う商品、サービスを如何に売るか、叉買うか常に「何だろう。何か、なぜか」と臆面もなく、恐れずに。幼児がいろんな物や食べ物を、まず口にして感触を掴む、これです。おっしゃることに大賛成です。最近の40~30台の社員は探究心と疑問に思う感覚が老化している。もっと自分自身を大事にして、自己研鑽してほしい。マニュアル社員は要らない。(2007/04/09)

奇しくも昨日、昭和一桁生まれの銀行員だった父と現代と言う時代について話し合った。「家庭も、学校も、企業も、今はどこもかしこも迷っている時代だ」という意見で一致した。Howを追求し続けた団塊の世代が大量退職する昨今、彼等が活躍した時代とは異なる現代に適応するためにはWhatを考えることが必要であり、それはHowよりも遥かに「無から有を生み出す」ということに近いのだと思う(現代に求められているのは小手先のカイゼンではなく「改革・革新」なのだろう)。その様な意味で、今回の記事には興味を持った。(2007/04/09)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

夢の実現にあたっては強く「念ずる」。そうした心構えを支えにビジネスの世界の荒波を渡ってきました。

後藤 忠治 セントラルスポーツ会長