• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

【第1回】上司を使わずして成果は上がらない

上司の特性に合った対応をして
アウトプットを高めよう

  • 西山 昭彦

バックナンバー

2007年4月18日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 女性が描くリーダー像と、男性が9割以上を占める経営幹部が望むリーダー像には、少なからず差異がある。女性が語る女性リーダー像は、同じ立場の意見として重要だが、現状では男性上司視点の女性リーダー像も看過できないはずだ。

 本コラムでは男性視点というスタンスに立ち、成功するビジネスパーソンの法則を述べていきたい。時には偏った意見も言うので、女性読者諸氏は頭にくることもあるかもしれない。しかし私の願いは、日本で女性リーダーがどんどん誕生し、日本企業がさらに活性化することなので、どうかご容赦いただきたい。

 女性リーダーを見ていて感じるのは、自分だけで仕事をやろうとする人が多いことだ。部下をうまく動かすことに慣れていないのは、リーダーになって日が浅いからかもしれないが、“上司をも使っていない”。成功しているビジネスパーソンは、みな上司をうまく使っている。では、どうすればいいのか。

 上司を使うには、まずそのタイプを観察し、操縦法を間違わないことだ。

まずは上司のタイプを分析し、タイプ別に対処する

 「すべからく上司は、仕事ができるうえに頭も人柄もよく、バランスが取れていて、的確なアウトプットができ、上からも下からも好かれるべし」というのが理想だが、そんなことは少ない。現実に出世している人を見ると、必ずしも回りから支持されている人ばかりとは限らない。自己主張が強く強欲だが、成果を上げている人はたくさんいる。過剰な権力志向があり、社内政治に長け、許される範囲で最大の私的利害を追求する人も相当いる。

 これらの上司をパターン別に分類すると、次の4タイプに分かれる。

  1. 自己顕示欲タイプ : 権力志向が強く、権限を存分に発揮したい人
  2. 年収志向タイプ : とにかく上に行けば年収は増えるから、出世したい人
  3. 内容重視タイプ : より良い仕事をして自己実現や組織への貢献をしたい人
  4. 上司不適合タイプ : 本来適性はないが、間違えて上司になってしまった人

 いい仕事は、1人ではできない。あなたがいい仕事をしようと思ったら、人々の賛同を得て一緒に動いてもらわなければならない。ということで、どのタイプの上司でも、できるだけ味方に引き込むことが重要になる。それぞれのタイプ別に、対処法を見ていこう。

コメント4

「西山昭彦の「女性管理職の落とし穴」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

もっと事業を効率化して、料金を下げて、消費者に貢献しないと業界はだめになってしまう。

和田 眞治 日本瓦斯(ニチガス)社長