• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

人生で夢を実現するための
「欲張り法」のすすめ

イベント「なりたい自分になる~夢の実現~」リポート

  • 中西 佳世子

バックナンバー

2007年4月20日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 コンピューターの世界で、「欲張り法」という手法があるのをご存じだろうか。原語はGreedy Methodという。難解なコンピューター用語の中で、妙に“人間的”なこの言葉。「欲張り法」を大まかに言うと、「ゴールが分からない状況で、すべての選択肢を試す余裕がない場合、取りあえず現時点で手近にある中で最も良いものを選択する。すると現在の状況が変わる。次に、その時点で最も良いと思うものを選択する…」というものだ。

 この手法では、後戻りは許されない。このように最後まで欲張りながら、その時点で最良の選択をするという操作を繰り返すと、最終的にはかなり良い結果につながる、というのが「欲張り法」の考え方だ。これは例えば、ネットワークで最短経路を見つける計算などに利用される。

 「欲張り法」と最初に聞いた時、「なんだか人生と似ている」と思ったものだ。人生もゴールは見えないし、すべての選択肢を試している時間もない。もちろん後戻りもできない。しかし、その時点で目の前にあるものの中から最良の選択をしていけば、最終的には夢が実現できるかもしれない。

カラーコンサルタント 廣野峰子さん
ゆらぎ療法士 榊優維さん

カラーコンサルタントの廣野峰子さん(上)と、ゆらぎ療法士の榊優維さん(下)(写真:山下晃伸、以下同)

 …そんなことを感じさせるイベントが、3月3日、六本木ヒルズレジデンス コミュニティーホールで開催された。アロマセラピー、ウオーキング、英会話、ワインやチーズの試食と、盛りだくさんの内容だ。題して「なりたい自分になる~夢の実現~」。今回は、このイベントの模様をリポートする。

 イベントを主催したのは、カラーコンサルタントの廣野峰子さんと、「ゆらぎ療法士」の榊優維さんの2人。廣野さんは、「Piacere!倶楽部」を主宰、榊さんはYHP(ゆらぎヒューマンパーク)協会を主宰する。ちなみに「ゆらぎ療法」とは、ゆらぎ(1/f )の周波数を体に導入する気功療法だそうだ。廣野さんも榊さんも、夢の実現をテーマにセミナーやレッスン、イベントを精力的に展開している。

 イベントに参加した七十数人のうち約8割は女性で、そのうち50人以上はワーキングウーマン。大半が30~40代で、主催者の廣野さんによると「バブル期にOLを経験し、その後子育てなどを終え、また自分自身に目を向け始めた世代」とのことだ。

 今回のイベントの特徴は、様々な分野から多くの講師が登壇したことである。彼ら自身も紆余曲折を経て自分の夢を実現し、やるべきことを見つけてからは、そのスキルを仕事やボランティアに生かしている。

コメント0

「キャリア&スキルアップ」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

もう中山素平のような人物が銀行の頭取という形で現れることはないだろう。

佐藤 康博 みずほフィナンシャルグループ社長