• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

中間管理職は“仕事”をしているか

  • 野々村 人事部長,永禮 弘之

バックナンバー

2007年5月7日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

ミドルは本来の役を果たしているか

 5月も中頃を過ぎると、人事異動も一段落し、現場は目標達成にアクセルを踏む頃。会社の目標達成にとって、ミドルの戦力化は重要だ。先日もある電機メーカーの経営者が、「ミドルの優劣が企業成長を左右するが、十分に役割を果たしているとは言えない。ミドルの役割は確実に以前とは変わってきているのに、その自覚がない。目に見える問題の火消しを繰り返すばかり」と、自社のミドルに対する問題意識を語っていた。

 ある大手の就職支援会社によると、ここ5年間の新規事業の売上高が全体の10%以上を占めるという。最終決定は経営者がするがミドルが事業化の提案を仕切っているとか。企業によってミドルの力の差が顕著になっているようだ。今回は、ミドルの戦力化について考えてみる。

 日本企業の人事担当者の代弁者、野々村人事部長のマルコーはどうか。

 最近のミドルはどうも元気がないように見える。本当は、経営者の思いを現場へ伝え、一方で現場の問題意識を吸い上げて現場を引っ張っていってもらいたいのだが――そう思った野々村さんは、マルコーの課長たちが自分たちの役割をどう考えているか意識調査をしてみた。

 その結果は・・・ある意味予想はしていたのではあるが、ネガティブな意見が多かった。

 「役割の変化はなんとなく理解しているが、ついていけていない。現場では日々問題が噴出して、その対応で精いっぱいだ」

 「いろいろなことを上から言われるが、どうやっていいか分からない。そもそも変われなければいけないという意識はあまりない」

 「ビジネスチャンスを作っていくのは、部長以上に求められる役割ではないのか?」

 「成果主義の名の下に様々な要求がくるので、自分も疲弊しているし、チームの士気も落ちている。これ以上の責任を負うのは無理」

なぜ、理想と現実にギャップが生まれるのか

 野々村部長は、理想と現状の間には大きなギャップがあることを痛感。このギャップは、ミドルを取り巻く環境と、ミドル自身の意識や能力の双方に原因がありそうだ。

野々村人事部長

野々村人事部長

野々村部長: うちは上意下達の傾向が強いです。ミドルでも指示待ちの人が多いですよ。

武田顧問: これまでのミドルは、今まで経営者や上司から与えられた課題を受けて、解決策だけを考え実行することが大事だったんです。それなのに、突然、やれ自立型の人間たれ、自ら課題を設定し部下を巻き込んでPDCA(plan-do-check-act)を回せ、と求められて、困惑しているのではないですか。

野々村部長: 人事にも反省すべきところはあります。目標管理や業績管理といった成果主義の様々な制度の運用をミドル任せにしてきました。制度や施策の整合性が取れず、同じようなことをバラバラと指示されても困ると、現場のマネジャーからクレームを受けることもあるんです。やらされ感が強すぎて、自主性を発揮する余地がないのかもしれませんね。

武田顧問

武田顧問

武田顧問: ミドルのスキルも対応できくなっているんです。将来のリスクを早く見つけて対策を打つことが求められています。以前は、これは経営者の役割だったでしょうが、スピードが求められる今は、現場や顧客に近いミドルに役割が移っています。

野々村部長: そういえば、うちでは、ミドルには決められたことを実行してもらうことが多いですね。

武田顧問: 外部のコンサルタントを雇うのはいいですが、ミドルたちに参画してもらわないと、いつまで経っても、戦力化できないですよね。

野々村部長: どうすればいいでしょうかね。

武田顧問: まあ、他社の事例なども含めて、みなさんの意見や提案を整理してみる必要がありますね・・・。


ミドルの役割は変革リーダーとイノベーター

 これからの中間管理職、ミドルはどうあるべきなのだろうか? 求められる姿は2つありそうだ。

  • 現場から「問題発生の便りがないのはいい報せ」と安心するのではなく、悪いニュースや兆候を自ら見つけて、将来のリスクを事前に潰す(=変革リーダー)
  • 顧客や競合の動向を予測し、一方で自分たちの強みを自覚して、チャンスを発見して新しい事業やサービスを創造していく(=イノベーター)

コメント3

「野々村人事部長の歳時記」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トランプ政権のここまでの動きはスロー。

ジョセフ・ナイ 米ハーバード大学特別功労教授