• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

【第2回】目前の仕事に必死な女性に未来はないのか

広い視野と専門性を持ち
プロとして仕事をしよう

  • 西山 昭彦

バックナンバー

2007年5月16日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 大手ゼネコンの人事担当が、女性社員を評して、こんなことを言っていた。「仕事はよくする。完全主義で、自分が担当する仕事は緻密にこなすから、男性より安心して任せられるくらいだ。ただ、自分のテリトリーを守りすぎて、他の仕事への関心が薄い。視野が狭いんだよ。目の前の仕事ばかりでなく、もっと会社全体や世の中も見て、将来を見据えた展望を示してほしい。そうでないと、課長にすることはできない」。こうした意見は、他の男性管理職からもよく聞かされる。

 女性管理職の相当数はスタッフとして昇進し、企業内プロフェッショナル(以下プロ)を目指していると見られる。スペシャリストとして企業内の問題を解決し、組織に貢献するよう努めている。それでも、プロとして仕事をするなら、その専門性が社内のみならず世間で通用することが必要だ。自分の仕事しか興味がなく、世の中を見ていないのでは真のプロとは言えない。

専門性に加え、広い視野を持つことがカギ

 プロが単なるスペシャリストと違う点は、広くアンテナを張って社会の動きを敏感に察知し、先取りすることにある。全体を見る力がなければ、その仕事の将来像は描けない。自分の職場の直面する課題を設定、解決し、次の時代へ結びつく付加価値を生み出す。それがプロだ。

 例えば人事担当なら、社員意識と組織目標の変化に合わせて、他企業に先んじた人事制度を設計する。さらに、既得権を失うかもしれないと反対する社内の勢力を説得しながら、導入へとはかる。その結果、社員のモチベーションが上がり、業績も上がるという流れが生まれれば、次の時代の価値を生む。

 これからの時代に望まれるプロの職種を経営者や学者にヒアリングした結果、次の3つのタイプが挙がった。

  1. 新企画立案タイプ : 新しい付加価値を生む仕組みを作り、実行していく人がこのタイプ。どんな商品や事業も成熟していくので、企業はどんどん新しいネタを作っていかなければならない。
  2. 敏腕営業タイプ : 顧客を開発、維持でき、会社の営業成績を上げる人がこのタイプ。できる営業マンなくして、会社は成り立たない。
  3. 部門プロタイプ : 各部門で、プロとして力を発揮する人がこのタイプ。経理、人事、総務などのセクションに所属していても、実戦部隊より会社に貢献する人もいる。例えば人事担当の制度改革の効果は絶大だ。

コメント13

「西山昭彦の「女性管理職の落とし穴」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック