• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

日本人はいまや“怠け者”の代名詞?
働く意欲は世界16カ国中ワースト2位

仕事量が増える一方で給料が伸び悩み 蔓延する「徒労感」

  • 野々村 人事部長,永禮 弘之,瀬川 明秀

バックナンバー

2007年6月4日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

16カ国中15位の低い労働意欲、働き蜂の面影はなし!

 6月は梅雨の季節。じめじめと雨が降る中、会社に向かう足どりも重くなりがちだ。なかなかやる気が起きないのは、天気のせいばかりなのだろうか。

 人事・組織コンサルティングを世界各国で行っているタワーズペリンが2005年に実施した調査によると、「働く意欲が低い」と答えた割合は、日本では回答者全体の41%に達する。これは、調査対象16カ国中、インドに次いで2番目に悪い値だ。かつて、高い労働意欲と会社に対する忠誠心を示し、世界に「働き蜂」として名をはせた面影は、日本人に残っていないのかもしれない。

 そこで今回は、日本企業における社員のモチベーション向上の取り組みを取り上げたい。

野々村さんの会社でもショックなアンケート結果が出た

 日本企業の人事担当者の代弁者、野々村さんは、中堅流通チェーン・マルコーの組織風土改革プロジェクトの責任者でもある。プロジェクトルームの丸テーブルで、昨年2月に全社員に行った「社員意識調査報告書」を前にして、頭を悩ましていた。野々村さんが予想していた以上に、社員の士気が下がっていることを、調査結果は示していたからだ。「昨今の人手不足もあり、疲弊感と“やらされ感”が高じて退職者が増えるかもしれない・・・」。

 「社内では経営企画が中心に『ビジョン2010』を作り始めたらしいが、会社が目指す姿が分からない。成果主義が導入されて、数値目標は明確になったが、実際の既存店の売上高は、いまだに前年比マイナスだ。マルコーが何をもって市場で生き残っていくのかをはっきりさせないと、顧客がどんどん離れてしまうのではないか」(本社商品企画・主任)

 「昨年店舗から本社に異動してきてから、やる気が下がってしまった。お店でお客様と接している時は、仕事の手応えがあった。本社に来てから、決められた業務をこなすだけの歯車になってしまったような気がする」(本社経理部・スタッフ)

 「いろいろ新しい仕事を任せてもらっており、会社が自分に期待してくれているのは痛いほど分かっているのですが、自分の能力に自信が持てません。私はマネジャーには向いてないのだと思います」(東海本部・エリアマネジャー)

 「会社は成果、成果と言うけれど、評価の基準ややり方が一方的で、納得感が低い。数字に表れること以外はどうでもいいのだろうか?」(北関東本部○○店・店長)

 「成果主義になってから、地域本部やお店の間で情報共有や助け合いがかなり減ってしまった感じがする。自分のことしか考えないというか、何か殺伐とした雰囲気になってしまった」(首都圏本部企画管理部・課長)

 「正直言って出世や肩書きには興味ありません。接客の仕事が好きで、地元で評判がいいマルコーに入ったのですから」(南関東本部○○店・スタッフ)


負け組会社の社員は先行きが不安 勝ち組会社の社員は仕事についていけない

 マルコーの社員たちの声からどんなことが読み取れるのか? 日本企業の社員の働く意欲が上がらない原因を整理してみよう。

コメント8

「野々村人事部長の歳時記」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック