• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

第2回 「10分で十分」

言い訳させてしまう日課は無用

  • 葉玉 匡美

バックナンバー

2007年6月14日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 人間は言い訳をする唯一の動物である。

 失敗した時に、他人を怒らせないように言い訳するのは、まだ可愛い。しかし、意味もないのに自分に対して言い訳するのは醜悪である。「1時間早起きして毎日30ページずつ本を読もう」と決意した人がいた。早起きを始めて1週間もした頃には、前日飲みすぎて寝坊する。

 そうすると、「今日は、出勤まであと15分しかないから無理だな」と自分に言い訳して読書しない。次の週には、朝食が長引いて3回読書を休み、その翌週には寝起きでボーッとして7回読書を休むようになる。そのたびに「あと30分しかない」「あと18分しかない」と自分に言い訳をする。

 悪課(悪い日課)は良課(良い日課)を駆逐する。そのたびに自分への言い訳に利用されるのが「時間」である。

 だから、脱時空勉強術は、時間を言い訳にさせない。やるべきことは、たった1つ。「時間がないなあ」と思った瞬間に、「10分あれば、十分だ」と自分に反論するだけである。これを「十分ルール」という。

時間の固まりを解きほぐす

 すべての勉強を10分単位で把握しよう。1時間連続で勉強してもよいが、それを10分×6単位と考える。例えば、30分スケジュールが空いていたら「1単位は英単語の筆記、2単位は会計本の読書にしよう」と、空き時間にいろいろな10分を詰め込んでいく。

 10分という短い時間だから、これだけで、驚くほど時間が生まれてくる。死蔵されていた時間の断片が掘り起こされる。

 しかも、10分は短いのに、結構長い。10分あれば、本を5ページ読める。ワープロで400字打てる。朝の連ドラもおおよそ見られる。インターネットで「10分間」を検索すれば、英語・国語・フィットネス、いろいろな10分間の使い方が現れてくる。

 やるべき勉強を全部10分で終わらせろと言うのではない。10分を何個つなげても自由である。ただし、癒着させてはいけない。空き時間と集中力の度合いに応じて、10分単位で予定を切り上げたり、延ばしたり、自在に時間を操るのが脱時空勉強術。

コメント10

「葉玉匡美の脱時空勉強術」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

もう中山素平のような人物が銀行の頭取という形で現れることはないだろう。

佐藤 康博 みずほフィナンシャルグループ社長