• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

部下の上手な叱り方を教えてほしい

  • 武位 教子

バックナンバー

2007年6月18日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

今回の回答者
今回の相談
Q 部下がミスを繰り返します。上手に叱るには、どうしたらいいでしょうか。

 この4月にある部署の係長になり、初めて部下を持ちました。今回は、部下を叱る時のコツについてお聞きします。

 部下の1人に、何度教えても仕事を覚えない人がいます(ちなみに20代後半の女性です)。毎回、丁寧に順を追って説明するのですが、ミスを繰り返します。私は、怒鳴ったり激しく叱るのが不得意なのですが、一度は強く言った方がいいのでしょうか。

 強く叱ると、彼女はやる気を失ったり泣いたりするのでは? 「うるさいお局」と言われるのも、なんだか嫌ですし…と悩んでいます。上手に部下を叱り、指導するにはどうしたらいいのか、ご教示ください。(メーカー、32歳、女性)


Webメンターがお答えします

大重きぬ香さんの回答
A 「怖い上司」でいい。褒めると叱るのメリハリをつけて

 私が初めて役職者になった時、「注意、指導のできない管理職は“無に等しい”」と上司に言われました。言わなければ人は動かないし、気づかない。叱るのはエネルギーがいりますが、避けて通れません。そこで私は、叱ることで“気づかせる”ことを教えられる上司になろう、と心がけてきました。

 子供も親から厳しく叱られると、「これはやってはいけないのだ」と理解します。職場にも「怖い人」は必要です。「お局様」は大いにけっこう。あなたは仕事を一番理解しているからこそ抜擢され、統制役を任されているのです。いい意味でお局様になり、力まず、しかし自信を持って部下を指導してください。

 ご相談の部下ですが、教えたことを何度もミスするのは、理由があるはずです。その仕事が合わないか、あなたを嫌いなのか、他に悩みがあって集中できないのか。部下は20代後半とのことなので、別室で話を聞いてみましょう。ただ叱るだけでなく「なぜ?」と聞き、原因を本人に気づかせるように諭しましょう。この時、感情的にならないことが大事です。部下が悩んでいるようなら、世間話などをして、抱えている問題を吐き出すチャンスを与えてあげましょう。

 もし仕事を理解していないなら、あなたも一緒にやってみせ、ミスせずにできたら褒めましょう。そうすれば、部下は今後は自信を持って仕事ができるようになります。「やって見せ、言って聞かせて、させてみて、褒めてやらねば人は動かじ」という山本五十六の言葉を、私は常に自分の胸に置いています。自分のできないことを、部下に示すことはできません。

 また私は、「3つ褒めて1つ叱る」と教えられました。私の場合、小さなことでも気づいたら褒めるようにしています。それも、周囲にも聞こえるように大きな声で。叱る、褒めるのメリハリをつけていれば、怖い上司になっても、部下はついてきます。叱ることを恐れてはダメです。部下が「○○さんはちゃんとしないと怖いけれど、きちんとやれば褒めてくれる。だから、しっかりやろう」と思ってくれればいいわけです。

 叱り方には、場合に応じて配慮が要ります。部下が仕事で失敗しても、誰かに迷惑をかけたわけでなければ、怒る前に「私が教えた通り、臆せずやればいい。私が責任を持つから堂々とやりなさい」と言います。こう言うと、特に男性は自信を持って仕事をするようになります。

 逆に、常識としてやるべきことをやらずに誰かに迷惑をかけたら、罵声を発して、その場で叱ります。鳴っている電話を誰も取らない時は、たとえお客様の前でも「電話は3回以上鳴らすなと言ってるでしょ!」とフロア中に響く声で叱ります。叱る時はとにかく「その場で」が基本です。

 男女で叱り方を変えるかは、役職についたばかりの頃は私も悩みましたが、ある時女性の部下に、「なぜ、私たちと男性で叱り方が違うのですか」と指摘され、一方に気を使いすぎていたと反省しました。今では、男女区別なく叱るようにしています。

 叱り方で悩んだ時は、あなたの上司のところに相談に行ってはどうでしょう。上司のアドバイスが、部下の指導に生かせることもあると思いますよ。

大重きぬ香さん
大重きぬ香さん(53歳)

GMOネットカード人事部部長。
高校卒業後、東洋信託銀行庶務課に入社。1980年、武富士に転職し、1981年に鹿児島いづろ店の店長になる。1983年、本社教育部に配属になり、企業内教育に携わる。1999年に退社。アイシンに入社し、各企業の社員教育を行う。2004年にGMOネットカードに入社し、現在はIT企業である富士ソフトの教育顧問も務め、一般社員から経営者までの教育に携わる。(写真:山田愼二)

【小川真理子さんのお答えは?次へ

コメント0

「職場の悩みにWebメンターが回答」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック