• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

第5回 整理を拒否して能率を上げる

机を使い倒す50センチメソッド

  • 葉玉 匡美

バックナンバー

2007年7月5日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 机の上が汚い。小学生の時から30年間、机が何度変わろうとも、私の目の前の机は、すぐに本や資料で埋め尽くされる。天板は見えず、たまに雪崩も起こる。

 私の机を見た人が「これで、よく資料を見つけられますねえ」と感心してくれることもある。しかし、存在するはずの資料を発見できないことも多いので、その感心は勘違いである。若干、申し訳ない。

 ただ、「こんな状態じゃ勉強できないでしょ。片づけたらどうですか」と言う人に対しては「こんな状態だからこそ、能率的に勉強できるんだ」と言い返す。

 強がりではない。発想を転換してみよう。

 人は、なぜ資料を整理するのか。資料を探しやすくするためである。だから、整理法の本を見ると、資料の検索スピードを少しでも速めるために、いろんな工夫をして整理しようとする。

 では、180度見方を変え、机の上で資料を探すのをやめてみたら、どうだろう。

 資料を探さないのだから、整理する必要はなくなる。机は、資料を「使う場所」であり、「探す場所」ではないと割り切る。これが脱時空勉強術の机の使い方である。

50センチメソッド

 机は資料を使う場所だから、探しやすさではなく、使いやすさだけを追求すればよい。

 そこで、前回の情報3分法と同じように、机の上の資料を、課題処理(OUTPUT)というモノサシを使って配置してみる。すなわち、実際に課題処理のために使っている資料だけを、自分から半径50センチの半円内に平積みしていくのである。

 課題が増えてきて、50センチ半円のスペースがいっぱいになったら、あまり使ってなさそうな資料の上に、新しい資料を十字にして積み重ねる。とにかく、最新の資料を近くに見えるように置いていく。それ以外は気にしない。

 資料の山が大きくなりすぎて、今、使っている資料の表紙が見えなくなったら、山の頂上から3センチ分くらい取って、残りの資料は半円の外に押し出そう。なんなら、捨ててもよい。

 とにかく、50センチ半円の中で、今、使っている資料へのアクセス速度だけを追求する。これを「50センチメソッド」と名づける。

机はキャッシュ

 なぜ50センチかというと、体を動かさなくても手が届く距離だからだ。体を動かすのは面倒くさいし、体を動かさなくて済めば、情報へのアクセス速度は上がる。

コメント24

「葉玉匡美の脱時空勉強術」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

企業や官公庁の幹部のメールボックスの内容が、まるごと数十万〜数百万円で売られている事例もある。

名和 利男 サイバーディフェンス研究所上級分析官