• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「ダイバーシティーは女性活用」
と言う上司は勉強していない

  • 野々村 人事部長,永禮 弘之,瀬川 明秀

バックナンバー

2007年7月9日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 そろそろ「夏休み」の季節。休み中にリフレッシュしながらも、今後の働き方、いわゆる「ワークライフバランス」を考えている人もいるのではないだろうか。

 最近、「ダイバーシティーマネジメント」という言葉を耳にする機会が増えた。「ダイバーシティー」は直訳すれば多様性という意味だが、現代社会に合わせ、多様な働き方を前提とした職場環境の改善が求められているのだ。

 実は、この言葉、日本企業では、まだまだ正確には理解されていない。
 「ああ、女性社員活用のこと。女性管理職の割合を管理職全体の30%にするとか・・・」と考える人が多い。この言葉の正確な理解と、そのマネジメントを考えるためにも、まずは職場で起きている問題を覗いてみよう。

 男性社員だって育児休暇を取りたい

野々村人事部長

野々村人事部長

 日本企業の人事関係者の代弁者である野々村さん。彼が人事部長を勤める流通小売チェーン・マルコーではパート社員の比率が4割を超えている。パート社員を含めた女性社員比率はほぼ半分。管理職の大半は男性社員だが、今年、本社で初めての女性課長が誕生した。野々村さんは「さらなるダイバーシティーマネジメント」を狙っているのだが…。

 ある日の雨上がりの午後。店舗開発部長が、野々村さんの部署を訪ねてきた。彼の相談は、“出店交渉なら右に出るものはいない”と言われる店舗開発の男性スタッフが、共働きの妻を気遣い、育児のための時短勤務を希望している、というのだ。出産後復職し、時短勤務をする女性社員はいるが、男性の時短取得はマルコーにとっては初めてのことだ。

店舗開発部長:「時短勤務だと店舗開発の仕事は難しい。そもそも、出張が多いし、夜も遅くなりがちだ。その中で、『5時には帰ります』『出張はできません』では困るんだ」

野々村さん:「長期的に見れば、彼に続く若手を育てるいい機会じゃないですか。それに、彼は、今の仕事に情熱を注いでいるようですから、彼のように優秀であれば時間を有効活用すれば、何とかなるのではないですか?」

店舗開発部長:「時短勤務を取るってことは、要は、仕事は二の次ということだよね。とにかく、誰か新しいスタッフを早くよこしてもらえないですか? 彼には、定時で帰ることができる別の部署で働いてもらえばいいんじゃないの」

店舗開発部長は「店舗開発課長にすぐにでも昇進させたい」と高く評価していた開発スタッフを「時短勤務を取る」というだけで異動させようとしているのだ。

 「結局、マルコーで働き続けるには長時間勤務は避けられないのか」
 野々村さんは考え込んでしまった。

コメント0

「野々村人事部長の歳時記」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

社長に就任してずっと言っているのが ファンダメンタルズの強化。

安形 哲夫 ジェイテクト社長