• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

【第5回】キャリアセレブが意識したい
7つのライフバランス

  • 植田 寿乃

バックナンバー

2007年8月27日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

人生のバランスは未来の幸せのために

人生のバランスは未来の幸せのために
(書:植田寿乃)

 キャリアセレブは「ライフバランス」を意識し、大切にします。

 「ワークライフバランス(=仕事と私生活の共存、仕事と生活の調和)」という言葉がよく使われるようになりました。しかし、仕事と私生活がまるで対立しているようなとらえ方が多いように思います。

 私は3年前、キャリアビジョンを考えるアセスメント「自立度診断」を開発する中で、「ライフバランス力」という、人生の中の7つのバランスの取り方を考える必要性をまとめました。

 7つのバランスとは、「仕事・キャリア」「衣食住」「健康」「家族・パートナー」「友人・人間関係」「能力開発・自己啓発」「趣味・余暇」です。あなたは、これらをバランスよく満足させているでしょうか?

 素敵な人生を進むためのモチベーションが心のエンジン部分だとすれば、ライフバランス力は、人生のハンドル部分です。キャリアセレブは、この人生のハンドルを上手に回せています。

 7つのバランスについて、ウェブサイトで自己診断することができます。下記のページで●「自立度」自己診断テスト●をクリックし、パスワードを入力して受診番号を受け取り、診断を受けてみましょう。3つの自己診断テストを受けられますが、「3回 ライフバランス:自己決定願望編」で、7つのバランスについてチェックができます。

■自立度自己診断テスト【第1回】モチベーション編
http://business.nikkeibp.co.jp/article/skillup/20060913/109779/


 「仕事・キャリア」「衣食住」「健康」「家族・パートナー」「友人・人間関係」「能力開発・自己啓発」「趣味・余暇」の7つは、どれも大切です。しかし、全部を100%満足させることを目指すのは無理ですし、必要もありません。

 大事なのは、どれかのバランスが0%というように、極端な偏りがないように気をつけるということ。また、年代や状況(独身、結婚、出産、育児)によって、それぞれのパーセンテージを上手に変えていくことが重要なポイントです。

 「仕事・キャリア」という「ワーク」は、人生の一部分です。すべての人が働くのが当たり前のようになった現在、女性も働き続けるという意味では、単に会社に行って給料をもらうという受け身の働き方から、将来のためにどう働いていくかを意識することは重要です。しかし、それに執着するあまり後の6つを忘れてしまっていたり、極端に偏ったバランスになってしまったりしている女性をたくさん見かけます。

コメント0

「植田寿乃の「キャリアセレブへの道」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

企業や官公庁の幹部のメールボックスの内容が、まるごと数十万〜数百万円で売られている事例もある。

名和 利男 サイバーディフェンス研究所上級分析官