• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

【第2回】女性が得意な“共感力”に
依存しすぎると消耗することも

  • 深澤 真紀

バックナンバー

2007年11月22日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 先週このコラムをスタートしたところ、多くの方からコメントをいただきました。ありがとうございます。皆さんのご意見やご感想を伺いながら、今後の記事にも生かしていきたいと思います。

 さて前回は、女性は人間関係をメンタルで考えてしまうと書きました。これは言い換えると、女性は「共感力」を重視しているということです。女性(特に日本の女性)は、子どもの頃から他人に共感し、他人を否定しない能力を周囲から期待されて育つので、共感力はとても発達しています。これは決して、悪い能力ではありません。

 しかしこの共感力が強くなりすぎてしまうと、仕事でも、友人でも、家族でもすべての人間関係に「恋愛的な関係性」を築こうとします。ことに仕事の場で共感力をあまり発揮しすぎると、時にやっかいなことになります。女性の多くが、共感力を仕事の原動力として使いすぎていると感じるのです。

 多くの女性が社会進出したバブル期以降、仕事における女性の共感力を「女性らしい感性を生かした働き方」「しなやかで女性的な配慮を大事にする」「女性ならではのみずみずしいサービス」という言い方で評価することもありましたし、実際にそれは重要な能力でした。

 また、女性が消費者としてだけではなく、企業の中での情報や商品の作り手、送り手となることで、実際に良い商品やサービスが生まれたことを考えると、女性の共感力を仕事に導入することは全否定できません。

共感力を出しすぎると傷つくこともある

 しかし、共感力を全面的に使った仕事の仕方は、長続きしないものです。共感力を仕事に持ち込むと、当初はうまくいくかもしれませんが、物事がうまく進まなくなった時に「上司のためにこんなに頑張ったのに」とか「チームのメンバーが分かり合えるように努力したのに」「私だけが損をしている」というような被害者意識が芽生える危険性があります。

 相手に期待しすぎたり、自分を理解してもらおうとしすぎるために、思い通りにならないと裏切られたように感じて、傷ついたり燃え尽きたりしてしまうのです。

 私は、女性の共感力を否定したいのではありません。しかし共感力は、人間の柔らかいところ、触れられるとすぐに傷ついてしまう部分を使いますから、それを仕事の場で常に出していては、傷つけられることも多々あるのです。自分の大事な部分はいたずらに開放しないで、ここぞという時に使う方がよいと思うのです。

コメント4

「自分をすり減らさないための人間関係メンテナンス術」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

意外なことに、伝統的な観光地が 訪日客の誘致に失敗するケースも 少なからず存在する。

高坂 晶子 日本総合研究所調査部主任研究員