• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

【第6回】無理せず、自分を大事にする

様子を見る、無理をしない、諦めることも必要

  • 深澤 真紀

バックナンバー

2007年12月20日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close


 前回の記事には、たくさんのコメントをいただき、ありがとうございました。

 このメンテナンス術の連載でお勧めする「ウソ」とは、大きなウソや偽装、大きな迷惑などを防ぐための「小さなウソ」です。大きなトラブルになるのを防ぐためには、途中で休んだり、逃げたり、ちょっとしたウソをつくことも大事だと思うのです。

 具合が悪いのを放っておいたり、無理して頑張って大きな病気になって、かえって周囲に多大の迷惑をかけるくらいなら、ちょっと迷惑をかけることになっても、初期の段階で休んだり、病院に行った方がよいのと同じようなことなのです。

 さて、「向上すること」「成長すること」「自己実現すること」「自分を磨くこと」…、これらを目標にしている人も多いでしょう。

 いろいろな経験をしていく中で、結果的に成長していたり、自己実現しているのはよいことだと思います。しかし、「成長すること」や「自己実現すること」自体が目的になってしまうことも時にはあります。

 「何のために」「どのように」成長したいのかを考えないで、ただただ「成長したい」と思ってしまっていないでしょうか?

 これまでの回で触れてきた「自分探し」「癒やし」も同様ですが、「探したい」「癒やされたい」ということに夢中になるあまり、「何のために」があまり考えられていない気がします。まして、向上や成長や自己実現には、とてもパワーを使います。目的も分からずにむやみにそれを目指しても、やはり疲れてしまうのです。

 生きていく中で大切なのは「自分を大事にすること」です。自分を大事にしない人が仕事や周りの人々のことを大事にできるわけがありません。そのために、まず、自分を「メンテナンス」することが大事なのです。

「様子を見る」「無理をしない」「諦める」

 そして、自分をメンテナンスするためには、むやみに自分を疲れさせてはいけません。そのために大事なことは、「様子を見る」「無理をしない」「諦める」ということです。

 何か「やりたいこと」があったら、とにかく無理してでもやるべきでしょうか?

 まずは、自分の状況と周りの状況も含めて、「様子を見ること」です。少なくとも自分で、「今は、そのタイミングじゃないな」と思う時は、やたらに動かない方がいいのです。自分で判断できない時は、周囲に相談してもいいでしょう。

コメント21

「自分をすり減らさないための人間関係メンテナンス術」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

韓国がダメでも、日本なら技術を見る「目」が投資家にあるはずだ。

崔 元根 ダブル・スコープ社長