• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

【第8回】「自分法人」として「他人法人」とつき合う

マーケット、プロジェクト、プレゼンテーションを考える

  • 深澤 真紀

バックナンバー

2008年1月10日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 前回までは、「人間関係をメンタルでなくメンテナンスで考える」ために、まず「自分をメンテナンスすること」についてお話ししてきました。

 人間関係とは「自分との関係を考えること」から始まります。ですから、まず「自分という人間との“人間関係”」のメンテナンス方法を考えることが大事なのです。このメンテナンス方法とは、以前も触れたように「自分が弱っている時は無理しすぎない」「時には休んだり逃げたりする」といったことです。

 今回から、自分以外の「他者」との人間関係についてお話ししたいと思います。まず、恋愛、家族、友人、職場といった、「よく知っている他者」との人間関係を中心に考えていきます(「知らない人との人間関係」「客としての人間関係」などについても、いずれお話ししていきたいと思っています)。

 さて「自分のメンテナンス術」では、自分のことを家や車やパソコンをメンテナンスするようにメンテナンスしよう、とお話ししてきました。具体的には、「自分を労いながら長持ちさせる」「まあまあの人生が送れるようにする」ということです。

 「他人との人間関係メンテナンス術」では、自分を「法人(会社組織)」と考えます。自分は「自分法人」の代表取締役であり、営業部であり、総務部であり、広報部であり、企画部です。つまり、法人としてすべての部を担当しなければいけません。また「自分法人」では、他の部をアウトソーシングすることはできても、代表取締役を他人に渡すことはできません(渡してもいけません)。

 同じように他人も(家族や恋人であっても)、「他人法人」というそれぞれの法人だと考えます。「自分法人」が「他人法人」とどのようにつき合うか考えることで、人間関係をメンテナンスしていくのです。

 法人の大きな目的は、「自社の利益を出すこと」です。人間も当たり前ですが、「自分のために生きている」のです。人間関係のトラブルのほとんどは、「他人が自分のために生きてくれない」から起きるのです。

 しかしお互いを法人だと割り切れば、他社が自社のためだけに動いてくれないのは当然だと思えるようになります。そのうえで、どうやってつき合っていくかを考えていくのです。

「マーケット」という考え方

 「自分法人」という考え方を取り入れるにあたって、人間関係を次の3つの柱で考えます。

(1)「マーケット」で考える
(2)「プロジェクト」で考える
(3)「プレゼンテーション」で考える

 まずは「マーケット」という考え方です。法人でマーケットを考えるのは当たり前のことですが、人間関係においても「市場価値」という考え方は重要です。

コメント1

「自分をすり減らさないための人間関係メンテナンス術」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トップの身の丈が組織の限界を作る。

多田 荘一郎 GEヘルスケア・ジャパン社長兼CEO