• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

30女と平成男子はいつ「おばさん」「中年」になるのか
~年齢偽装という病

石原壮一郎氏×深澤真紀氏 その2

  • 深澤 真紀

バックナンバー

2008年1月17日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

あなたは「40歳で中年」と言われて素直に納得しますか? 『30女という病--アエラを読んでしまう私の悲劇』を出版された石原壮一郎さんと、NBオンライン連載の「U35男子マーケティング図鑑」から生まれた『平成男子図鑑 ~リスペクト男子としらふ男子』の筆者、深澤真紀さんの対談2回目。今回は「30女の年齢偽装」という病、そして、男はいつから「中年になるか」を語り合います。

●深澤さんの最新連載は、こちらから→ 「自分をすり減らさないための人間関係メンテナンス術」、「くらたまとフカサワのアジアはらへり旅

前回から読む)

石原 実は僕、今の30女は、歴代の30女の中で最も完成されたモデルだと思うんです。

 単純に、女性は外見がどんどんきれいになっていますし、ただ若さにしがみつくばかりではなく別の道を歩むことも考えているし、その方法論や具体的なテクニックもたくさん持っている。

 さらに言えば、「30代に入ったらもうおばさんだから」と、勝手に卑下して戦いから降りるという卑怯な(笑)まねもなさらないし。

深澤 そうですよね。

石原壮一郎氏

石原壮一郎氏

石原 裏を返すと、往生際が悪いとも言うんですけど(笑)。

 ただ、外見的にも、内面的にも戦いから降りないということは、努力をやめないことで、どんどん新しいことに挑戦して、女性としても、人間としてもすごく自信にあふれてると思うんです。

 かつての30女は、若さに自信を持っちゃいけないとか、色恋沙汰もほどほどにとか、強制的に女を引退させられるようなことがあった。相撲界みたいですけど。

深澤 本当にそうです。「まげが結えなくなったら自動的に引退」みたいな。

石原 でもまだまだ戦えるし、むしろそこから味が出てくるというようなことが言われ始めましたよね。多少はマスコミの功罪というか、「まだまだ大丈夫よ」と言ってマーケットを広げようとした女性誌のおかげもあるんでしょうけれど。

 そんなわけで今は、30女がわりと強気に生きていける時代ではないかと思うんです。

あなたはいつから「中年」になる?

深澤 私が小学校のころ読んだ小説では、30歳で未婚だと老嬢扱いでした。今では考えられませんけど。

石原 30歳を超えたらオールドミスとか。

── 小津安二郎の映画で、原節子が20代後半で嫁き遅れ扱いでした。

深澤 それを考えると、この30年ぐらいの女の人たちは、ものすごい進化を遂げましたね。しっぽがなくなるぐらいの進化を遂げている(笑)。

石原 1993年に『大人の女養成講座』という本を書いたんですが、その中でお局扱いした女性は、想定20代後半だったんですよ。それがあっという間に、20代をお局扱いなんてとんでもない!となって、今や30代でさえお局と呼ぶには躊躇します。

深澤 石原さんが発見された「大人」という概念は素晴らしいですよね。「大人」を発見したのはすごいことです。

石原 いやいや、「大人」は言いだした本人が一番先に飽きてますから(笑)。もう、デビュー作の『大人養成講座』ぐらいから満腹感を覚えてます(笑)。ただ、あれこれイジリ甲斐があるテーマではあるし、ありがたいことに需要も続いてますけど。

深澤 老人はどうですか。

石原 赤瀬川原平先生が、かつて「老人力」を提唱してらっしゃいましたよね。僕はでも、老人の前に中年があると思っていて、「中年力」にはそろそろ手を出してもいいんじゃないかと考えてます。

深澤 ちなみに今、中年は何歳からだとお考えですか。

石原 さっきのお局の話と同じで、中年も底上げされていると思うんです。僕が今、44歳ですけど、中年と言われたらちょっとだけ引っ掛かりますね。

深澤 ええ~! 40代は中年でしょう。私は40歳で、立派な中年だなと思ってますが(笑)。

石原 1秒考えてから「そうだよな」とは思うんですけど。

深澤 考えちゃダメです(笑)。

石原 中年じゃないって言い張る可能性がまだ残っているとは、正直思いますね。

深澤 おおー、それはずうずうしい(笑)。

石原 確かにずうずうしいですよね。自分が若い頃は、40歳をすぎたら文句なしで中年と思ってたはずですから。

職場で進む高齢化が「中年」の自覚を妨げる

深澤 44歳の女の人が、おばさん呼ばわりを拒絶するのはまだわかるんですけど、男の人も拒絶するんですね。

石原 拒絶というより……だから、別に中年になりたくないというのではなくて、中年の資格はまだないんじゃないかという……。

深澤 「大人」はそういう言い方をします(笑)。

── 確かに会社勤めをしていると、上のポストが詰まっているので、昔、中年といわれたポジションに全然立っていないというリアルな話はよくあります。

石原 フリーライターの世界も高齢化が進んでいますし。

深澤 私でさえ「コラムニスト界に久々のニューフェース登場だね」とか言われてますからね、40歳で中年なのに(笑)。

── 中年はじゃあ、何歳でしょう?

コメント1

「U35男子マーケティング図鑑」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

子会社とどう向き合うかで、その企業のガバナンスを判断できる。

牛島 信 弁護士