• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

【第10回】恋愛を「プロジェクト」で考える

恋愛関係の目標を設定し、うまくいかなくても悩まない

  • 深澤 真紀

バックナンバー

2008年1月24日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 前回の記事にも、コメントをありがとうございます。恋愛マーケットの話でしたが、「恋愛はしなくてもいい」という部分に共感していただけたようです。


 いまや「恋愛していなければ女ではない」と、「恋愛するのが常識」のように言われています。最近では男性すら、そう言われたりしているようです。世間もマスコミも、「恋愛」を勧めすぎだと思うのです。

 恋愛というのは、時間もお金も神経も使う、とてもコストのかかる「趣味」です。自分が傷つくことも、疲れてしまうことも多い。そもそも、恋愛にあまり向いていない人も多いものです。

 もちろん、恋愛がすばらしい経験になることもあります。しかし、恋愛には「才能と運」がとても重要ですから、誰もがいつでも理想の恋愛ができるわけでもありません。

 だとしたら、
 
・恋愛は、自分に向いていないからしない
・恋愛は、疲れるからしない
・自分に合った相手に会うまでは、恋愛しない
・自分が恋愛できる時期が来るまで、恋愛しない
・恋愛は、妄想だけで楽しんでおく(←これは、けっこうお勧めです)
・恋愛以外の、人間関係のメンテナンスを重視する
 という選択肢を持っておくことも、とても大事なのです。

 「ほかの皆が恋愛するから」とか、「恋愛しないと、女を捨てていると思われるから」などと心配して、無理矢理に恋愛することはないのです。

 恋愛していないことについて外野がいろいろ言ってきても、まじめに答えることなどありません。「心配してくれてありがとうね、私なりに頑張っているから」などと、適当にあしらっておけばいいのです。

恋愛市場では、勝てなくても自分を責めない

 恋愛をはじめとする人間関係を、「マーケット」「プロジェクト」「プレゼンテーション」という視点で考えようとお話しました。これは一見、「人間関係を前向きに勧めていこう」というように聞こえるかもしれませんが、必ずしもそうではありません。

 この連載の「人間関係をメンテナンスする」という考え方は、人間関係に過剰な思い入れをしないで、淡々とつき合っていくために提案しているものです。

 「マーケット」「プロジェクト」「プレゼンテーション」という考え方も同様です。これらのように、普段仕事でも使っている考え方を人間関係にも応用し、過剰に頑張りすぎたり空回りしたりするのを予防し、「そこそこうまくいくこと」を目標にしています。そして、そもそもうまくいかないことも前提として、うまくいかない場合でも自分が傷つきすぎないようにすることが目的なのです。

 この連載の目的は、「自分をすり減らさない」ことですから、恋愛であっても「自分がすり減る」ような方法論は考えません。中には、「傷つかなければ恋愛ではない」という人もいるかもしれませんが、それはあくまで「趣味」なので止めません。

 

コメント2

「自分をすり減らさないための人間関係メンテナンス術」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

誰もやらない領域を根気強く続けられるかが成功の秘訣。

田坂 正樹 ピーバンドットコム社長