• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

【第13回】「メンテナンス婚」の勧め

結婚は、企業の合併や業務提携のようなもの

  • 深澤 真紀

バックナンバー

2008年2月14日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 ここまで恋愛関係について長くお話ししてきましたが、今回は「結婚を考える恋愛関係」のメンテナンスについて見ていきます。

 例えば結婚後の家事育児の分担については、今でも女性が悩む大きなテーマですから、恋愛関係の時から考えておく必要があります。

 ここで大切なことは、自分や相手の欲望や適性を「マーケット」としてとらえて、そのうえでどうしたいかという「プロジェクト」を考え、お互いに「プレゼンテーション」しながら結婚への関係を作っていくということです。

 家事や育児をやってほしいけれど、その適性があまりない(得意ではない)相手の場合、プロジェクトやプレゼンテーションには困難が多いものです。

 例えば、洗濯という家事について考えましょう。相手に洗濯してもらう場合、洗濯物を上手に干せないので、乾いた時にシワシワになってしまったとします(それでも、相手が洗濯をしてくれたことには変わりはありません)。

 もし「洗濯物がシワになるのは嫌だ」と思うなら、それは、あなた自身の「欲望」であることを自覚することが大事です。また「相手がシワシワの洋服を着ているのを見るのが嫌だ」と思ったとしても、結局は自分の欲望です(相手は、自分の着ている服がシワシワでもかまわないかもしれません)。

 また、「この人に洗濯してもらうと、シワシワにしてしまうかもしれない」と分かっていながらやってもらった場合は、自分にも責任があるのです。とはいえ、自分が悪いというわけではありません。洗濯のシワについて、あなたはどうしたいかを考えるべきなのです。

 この場合の選択肢はたくさんあります。
(1)シワにしたくない物は、クリーニングなど外部サービスを利用する(この時の料金負担についても相談する)
(2)シワにしたくない自分の洗濯物は、自分で洗う(相手の物がシワシワなのはかまわない)
(3)シワにしたくない物は、自分の物も相手の物も自分で洗う(相手の物がシワシワだと、自分も嫌な思いをするから自分でやるしかない)
(4)洗濯物がシワシワでも我慢して、相手に洗濯してもらう(相手が洗濯という家事をしてくれることの方が大事)
(5)洗濯物がシワにならない方法を、相手に根気よく教える(この時は、自分のために、相手の苦手なことをやってもらうのだということを忘れない)

 どれを選ぶのであっても、大事なことはその動機なのです。

コメント3

「自分をすり減らさないための人間関係メンテナンス術」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

短期保有者のいいようにさせたら、中長期で保有したいと考えている株主はどうなるのか。

貝沼 由久 ミネベアミツミ社長