• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

【第16回】夫婦のこづかい制をやめ、3つの財布を持とう

  • 深澤 真紀

バックナンバー

2008年3月6日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close


 この連載では、恋人や家族との人間関係を「メンテナンス」していくことを提案しています。しかし中には、恋愛や親子関係などのようなデリケートな人間関係はメンテナンスできるわけがない、と思われる方もいるかもしれません。

 確かに関係のすべてをメンテナンスすることはできません。しかし、メンテナンスできるところまではメンテナンスしておけば、いざという時のダメージが減るのです。

 もちろん、ダメージを受けない人間関係というのはあり得ませんが、できれば必要以上にダメージを受けないようにした方がいいでしょう。

 「ダメージも含めて人生なのだ、全部を引き受けたいのだ」というのなら、それはその人の選択ですから構わないのです。ただしそれはあくまで自分の趣味ですから、周囲を巻き込むのは迷惑かもしれない、ということも忘れないでください。

 

「育てる家族」とは、自分のパートナーや子供のこと

 連載第8回では、それぞれの人間を法人ととらえて、「自分法人」「他人法人」という考え方をしましたが、家族はまさに「家族法人」です。

 そして多くの人は、自分の「育った家族法人」と、自分が「育てる(作る)家族法人」を持ちます。この2つについては、きちんと分けて考えていくことが大事です。今回からはこの「育てる家族」を考えていきます。

 「育てる家族」とは、自分も含めた夫婦、子どものことを言います(ペットが入る方もいるでしょう)。ひとり暮らしをしている場合も、「(ひとりで)育てる家族」と言えるかもしれません。

 結婚後に親と同居している場合も、「育った家族」(自分の両親や兄弟姉妹)と「育てる家族」は分けて考えましょう。

 それまで恋人だった相手も、配偶者やパートナーとなって自分の家族になれば、恋愛関係の時とは事情が変わってきます。

 子供についても、「自分の子のことは自分が一番よく知っている」と思いがちですが、必ずしもそうでないことを忘れないようにしましょう。自分が子どもの頃のことを思い出せば、分かるのではないでしょうか。

 「育てる家族法人」のメンテナンスとして、ここでは経済や教育面を中心に考えていきます。

 「育てる家族」もマーケットで考えるべきですが、その前にまず提案したいのは、夫婦とも働いている家庭であっても、あるいは片方しか働いていない家庭であっても、「こづかい制を廃止しよう」ということです。

 

コメント6

「自分をすり減らさないための人間関係メンテナンス術」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

全体の2~3割の人でも理解し、動き出してくれれば、会社は急速に変わります。

中村 克己 元ルノー副社長、前カルソニックカンセイ会長