• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

【第12回】年収アップする生活行動学

2000万稼ぐ人の時間の使い方

  • 西山 昭彦

バックナンバー

2008年4月16日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 高収入を稼ぐ人々は、日頃どのような生活行動をしているのだろうか。一般的なサラリーマンの行動と比較すると、そこに差はあるのだろうか。そんな疑問から、生活行動に関するアンケート調査を行い、年収別に比較してみた。結果は、あらゆる場面で明確に違いがあった。

 なお本調査は、Yahoo!のモニターを対象に2007年12月13~17日に実施したインターネット調査で、個人年収が600万円台(600万~699万円)の300人と、2000万円前後(1800万~2000万円+それ以上)の300人より得た回答を元に、集計したものである(注)。

情報収集にかける時間に大きな差

 年収が600万円台の人と2000万円前後の人。データを比較することで、その違いを探った時、顕著に見られたのが情報収集に費やす時間の差だった。これは、日常的に情報をつかむ姿勢の差が数字に表れたとも言えるだろう。

 情報収集の基本は次の通りだ。「タイムリーな情報は、毎日届く新聞などから」、そして「トレンドや専門的な内容は、書籍や雑誌で調べたり、人との会話から自発的に取得する」ということである。以下のグラフを見てほしい。行動別に費やす時間を細かく比較すると、いずれの行動でも、2000万円稼ぐ人の方が情報収集に時間を使っていることがわ分かる。

*画像をクリックして拡大表示

グラフ1 生活行動にかける時間の比較

 例えば「新聞を読む」のは、600万円台の人は半数以上が30分未満で、平均時間は26.7分。対して2000万円稼ぐ人は平均時間46.2分で、差は1.7倍。20%近くの人が1時間以上を費やしながら、時間をかけて熟読している。

 他の行動の平均時間も、すべて2000万円前後の人の方が多い。しかも、その差には最大2倍近い開きがある。

 具体的には、「インターネットでの調べ物」は、600万円台の人が86.8分に対して、2000万円前後稼ぐ人は109分。「雑誌や本を読む」のは、前者が32.4分に対して、後者は55.4分。「勉強する」時間は、前者が平日28.3分/休日29.5分と、ともに30分未満であるのに対して、後者は平日54.6分/休日58.5分と、毎日1時間近くを費やしていることになる。

 格段に異なるのは「意図的に人と会って話を聞く」時間だ。600万円台の人が35.2分であるのに対し、2000万円稼ぐ人は83.8分で、2.5倍近い。1日ごとにこれだけの差があるのだから、年単位に換算すれば、その差は膨大だ。

 これらの時間を2000万円稼ぐ人は、どのように捻出しているのだろうか。

コメント5

「西山昭彦の「女性管理職の落とし穴」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

人々が働きたいという会社になるには 「働きやすさ」と「働きがい」、この2つが必要だ。

川野 幸夫 ヤオコー会長