• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

【第21回】何のために働くのか?

経済活動か、それとも理想のためか

  • 深澤 真紀

バックナンバー

2008年4月17日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close


 皆さんは、何のために働いていますか? 「経済活動」として? それとも「理想」のためですか?

 「仕事」とは何かについて、20年近く働きながら、私も考えてきました。そして、「お金のために働いている」と思うことも、「理想のために働いている」と思うこともありました。

 しかしこの2つは時として、相反してしまうものです。「お金のためにだけ働いていて、理想を失ってしまった」ということもあるし、「理想のために、お金にならない仕事になってしまった」ということもあります。

 この相反する2つを結ぶ考え方で、この2つと同じくらい大事な考え方がある、と最近考えるようになりました。

 それは「分担のために働いている」という考え方です。私たちが社会で生きている限り、誰かがやらなければいけない仕事がある。それを、様々な人が分担していくのも「仕事」の大事な要素なのです。

 自分のやっている仕事を「つまらない」と思ったり、テレビや雑誌などで自分のやっている仕事を自信ありげに語る人などを見て「羨ましい」と思うこともあるかもしれません。

仕事によって、社会の役割を「分担している」という考え方

  しかし、「分担」という視点で仕事を見れば、仕事にはそれぞれの意味があります。自分の仕事が、自分にとって経済的メリットや、自分の会社にとって経済的メリットを与えられているだろうか? そして、社会から必要とされているものを自分も「分担」できているのか?

 さらには、仕事をすることで自分の理想や志を満たせているのか? 特に理想や志は、人によって全く違ったものになるでしょう。例えば、「地球環境を守りたい」という志もあれば、「社会に全く新しい価値観を生み出したい」という理想もあります。

 最近は、「仕事で自分の理想をかなえる」という考え方が重視されることもありますが、理想や志に偏りすぎることもよくありません。

 なぜなら、理想や志をかなえることはとても難しいですし、何よりも、人によって理想や志の基となる「いいこと」や「正しいこと」の価値観が違うからです。

 「仕事」は1日の中の長い時間をかけ、人生の中でも多くの時間を割いているものなので、自分をすり減らすことも多いものです。

 だからこそなるべく自分を長持ちさせるために、仕事をする時の「経済活動」「分担」「理想」のバランスを、自分の中で決めていくこと。そう考えれば、仕事を過剰に評価したり過度に卑下することもなく、長く働き続けていくことができるでしょう。

コメント4件コメント/レビュー

いま、経済的に厳しくて(日経オンラインを読む層から外れていると思うのです…。なんだかんだといって、恵まれている層が読むメディアという印象だから)理想のために働いていると感じている自分にとって、とても参考になりました。おそらく、深澤さんご自身が会社勤めや転職のご経験があり、現在は経営者でもいらっしゃるという経歴の持ち主だからこそ、読者に伝えられるメッセージなのでしょうね。だから、信頼できます!(2008/04/18)

「自分をすり減らさないための人間関係メンテナンス術」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

いま、経済的に厳しくて(日経オンラインを読む層から外れていると思うのです…。なんだかんだといって、恵まれている層が読むメディアという印象だから)理想のために働いていると感じている自分にとって、とても参考になりました。おそらく、深澤さんご自身が会社勤めや転職のご経験があり、現在は経営者でもいらっしゃるという経歴の持ち主だからこそ、読者に伝えられるメッセージなのでしょうね。だから、信頼できます!(2008/04/18)

あらゆる仕事の原点は、現在のおかれている立場を理解しその内容について或いはそれを超えて創造することから始まっています。仕事の効率やその仕事の心理は何かを追求することにより、その価値観が高まります。私たちはこのようなことを毎日地道に繰り返すことで、成長しなければならないと常々考えております。このような考え方は企業を成長させ我々のモチベーションを高めてくれるので前向きになれます。(2008/04/17)

このコラム全体が「足るを知ってほどほどに生きよ」ということを伝えられているという気がします。「何のために仕事をするか」について、よく中学生や高校生などの中に「人の役に立つ仕事がしたい」という人があります。で、介護職、医療職、福祉関係職などになりたい、というんですね。しかし、この「人の役に立つ」というのがミソで、考えてみればすべての仕事が「人の役に立つ」仕事なわけです。その仕事が必要だから社会の中でその職業が生み出されている、そんなことを思いますね。(2008/04/17)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授