• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

【第26回】同僚に「友情」を感じなくてもいい

「友人」ではなく「仕事仲間」と考えよう

  • 深澤 真紀

バックナンバー

2008年5月22日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 前回まで上司や部下との人間関係のメンテナンス術を考えてきましたが、今回は同僚との人間関係について考えます。
 
 同僚のように、「一見分かり合えていそうな関係」にも、メンテナンス術は重要です。

 日本人は特に、同世代というだけで分かり合っている感じがしてしまうものです。そして、同世代や同じ立場である同僚とは「分かり合えている」という幻想がある分、彼(彼女)らとの人間関係がうまくいかないと、かえってショックやダメージも大きくなってしまうのです。
 
 特に、普段から同僚を友人と思っている場合は、関係がこじれてしまうと、修復はなかなか難しいものです。

 そもそも、同僚とは友人でしょうか?
 
 同僚だからといって、別に友情を感じなくてもいいのです。単なる同期だったり、単なる同僚である、というだけで十分なのです。
 
 同僚という関係に大事なものは、「仕事を一緒にすること」であって「友情を築き合うこと」ではありません。

 もちろん結果として、同僚が友人になることもあるでしょうが、それを目標にする必要はありません。
 
 社内恋愛や社内結婚をする人もいれば、しない人もいる。それと同じように、社内で友人をつくる人もいれば、つくらない人もいるというだけのことです。

 そもそも、「友人」の方が「同僚」より価値が高いとは必ずしも言えないと思います。よい友人であるよりも、よい仕事仲間でいる方が価値があるかもしれません。

コメント1

「自分をすり減らさないための人間関係メンテナンス術」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トランプ政権のここまでの動きはスロー。

ジョセフ・ナイ 米ハーバード大学特別功労教授