• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

アルミの新しい可能性を探る
新ブランド「AL art」が前年比15%伸び

丸信金属工業3代目 社長付取締役室長 坂本智美さん(前編)

  • 白河 桃子

バックナンバー

2008年5月28日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

丸信金属工業の看板

丸信金属工業の看板(写真:山田 愼二、以下同)

 栃木県足利市には、アルミ金属工業の歴史がある。戦前戦中に日本軍の四式戦闘機「疾風」などを作っていた中島飛行機(群馬県太田市)に近く、下請けのアルミ部品を作る会社が多かった。

 戦後、下請け工場はアルミの家庭用厨房品である、なべ、やかん、きゅうすなどを作る会社に転じる。そういった会社が足利市には20数社あったと言うが、その1社が丸信金属工業の前身で、今回登場する跡取り娘坂本智美さん(旧姓小和田)の祖父、小和田信彦さんが立ち上げた会社だ。

 足利市の丸信金属工業を訪ねると、天井の高い工場の中で20人ほどの社員が働いている。プレス、旋盤などの機械が整然と並び、床にはチリひとつ落ちていない。現在、丸信金属工業の主力商品である空調用の部品(吹出し口)が、箱に入って出荷を待っている。

丸信金属工業3代目の坂本智美さん

丸信金属工業3代目の坂本智美さん

工場の中で小さなアルミ製品を作る女性スタッフ

工場の中で小さなアルミ製品を作る女性スタッフ

 工場の中央では、女性ばかり数人で作業している場所がある。手は忙しく動いているが、なにやら楽しげな気配だ。彼女たちの手元にあるのは、てのひらサイズの小さなアルミの製品。それに説明書をつけ、10センチほどのプラスチックの箱に入れるパッキング作業をしている。どう見ても、これは空調用の部品ではない。

 「これはMoMA(ニューヨーク近代美術館)デザインストア用に出荷するものです。5月から7月に開催されるデスティネーションジャパンという日本製品を集めたフェアで展示販売されます」と答えるのは、丸信金属工業の3代目を継ぐ、社長・小和田侑さんの次女である坂本智美さんだ。

 「日常使える日本のアート」を約80点集めて展示販売するMoMa Design Storeデスティネーションジャパンは、ニューヨークの3店舗と原宿店で同時開催される。そこに丸信金属工業が作る「TWIST」という商品が選ばれ、出品されるのだ。TWISTは、アルミで作った一輪挿しの花器である。台にリボン状のアルミをくるくると曲げたオブジェがついている。花を飾ると、植物の柔らかい質感とアルミという異素材が花とアルミのリボンが戯れているような不思議な風景が出現する。

 これが跡取り娘の坂本さんがデザインする、アルミを使ったアートオブジェブランド「アルアート(AL art)」の製品だ。現在では、丸信金属工業の売り上げのうち、アルアート製品は15%を占める。

花器「TWIST」に花を挿したところ花器「TWIST」に花を挿したところ

花器「TWIST」に花を挿したところ

コメント0

「「跡取り娘」の経営戦略」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の未来は、男性と同じ程度、女性のリーダーが作っていくものだと確信している。

ビル・エモット 英エコノミスト誌元編集長