• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

【第27回】起業で失敗しないために(1)

本当にやりたい仕事がある人は、独立してはいけない

  • 深澤 真紀

バックナンバー

2008年5月29日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 前回では、企業で働く場合の上司や部下、同僚とのつき合い方について見てきました。今回からは、独立・起業したり、フリーランスで働く場合の人間関係のメンテナンス術について考えていきます。

 私自身、3つの会社で8年間の会社員生活を経た後起業して10年になります。また、周囲にも独立した人、起業した人も多くいます。そこで分かったことは、「本当にやりたいことがある人は、独立には向かない」ということです。

 「本当にやりたいこと」には、予算も人手も必要です。社会的な信頼も必要になります。そういうものを実現するには、組織に所属していた方がよいのです。
 
 組織には、予算があり人手があり社会的な信用があり、何より「失敗する余力」があるからです。独立した人間には、やる気はあっても、失敗する余力はあまりないものです。

 強い出資者などがいない限り、「具体的にやりたいこと」があるならば、独立してフリーになることを考えるより、組織の中でそれを実現する方法を考えた方が早いし確実なのです。

 では、独立することに向いているのはどういう人でしょうか。それは「やりたいことがある人」ではなくて、「やりたくないことがある人」です。

組織では「やりたくないこと」もやらなければいけない

 「やりたいことがある人は組織の中で働くべき」「やりたくないことがある人は独立すべき」。…この考え方は、一般的なイメージとは逆かもしれませんが、その方がうまくいくことが多いのです。
 
 組織というのは、自分がやりたくない仕事があっても、社命でやらざるを得ないことがあります。また、今は好きな仕事をやっていても、上司が代わったり異動したりすることで、やりたくない仕事をやらなければいけないことも出てきます。
 
 ですから、組織の中で働くのに向いている人というのは、相性の悪い上司や部下と組むことになったり、異動で自分が望まない部署に配属されても、「組織にいるのだからこれも勉強だ」「これも自分の人生には必要だ」と思える人です。

 しかし、仕事に対する自分の理想を持ちすぎたり、理不尽だと感じることに頭を下げることができなかったり、どうしても異動したくない部署がある…という人は、会社にいるだけでも、“すり減ってしまう”ものなのです。私自身がそうでした。

コメント11

「自分をすり減らさないための人間関係メンテナンス術」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本全体として若い世代にもっと所得の分配をしていくべきだと思う。

川野 幸夫 ヤオコー 会長