• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

【第28回】起業で失敗しないために(2)

無理に人を雇わない、大事な仕事を丁寧にやる

  • 深澤 真紀

バックナンバー

2008年6月5日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 前回は、独立する時には、まずは1人で仕事を始めることをお勧めしました。

 1人で仕事を始めてみると、自分のスタイルや、できること・できないこと、やりたいこと・やりたくないことなどが見えてきます。

 そして、会社にいた時の自分と独立してからの自分は、意外と違うということに気づき、自分でも驚くことがあります。そしてそれは、実際に独立してみないと分からないものなのです。

 例えば独立するためには、「孤独に強い」ことは大事な要素です。
 
 会社員時代と違って、ちょっとした愚痴を言いたくなった時、大きなトラブルに遭遇した時まで、基本的に自分だけで解決しなければいけません。
 
 私自身は、大きなトラブルへの対抗力は強かったのですが、ちょっと嫌なことがあった時に愚痴を言う相手がいなくて、つらい思いをした時期がありました。今では誰彼かまわず、ちょっとした愚痴を言っているので、嫌がられていますが(笑)。

 また、嫌なことやトラブルがなくても、基本的に「1人でいること」が嫌いでないことが大事です。例えば1週間くらい誰にも会わなくても平気だとか、1人で焼き肉屋に入ったり、フランス料理のコースを食べたりすることもできる、一人旅をしても寂しくならない、といったように、「おひとりさま」マインドを持っている人の方が、独立に向いているでしょう。

 そして、1人で仕事をしていく中で見えてきた自分のスタイルに応じて、このまま1人で仕事を続けていくのか、後から人を雇うのかを考えればいいのです。

無理して人を雇わなくてもいい

 ただし起業して人を雇う場合、会社員として部下を使っていた時よりもずっとストレスは多いことを覚えておきましょう。
 
 大企業と違って組織の規模が小さいですから、相手との関係が濃くなり過ぎて、お互いの逃げ場がなくなったりするからです。
 
 ですから、最初から社員を雇うのではなく、外注スタッフやアルバイトに仕事を頼んだりして、自分が「経営者」としてどのように人を使えるタイプなのかを知っておいた方がいいでしょう。

コメント1

「自分をすり減らさないための人間関係メンテナンス術」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

全体の2~3割の人でも理解し、動き出してくれれば、会社は急速に変わります。

中村 克己 元ルノー副社長、前カルソニックカンセイ会長