• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

社内づき合いのYES、NOを見極める

参加すべき宴会、断るべき飲み会

  • 西山 昭彦

バックナンバー

2008年6月2日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 企業でプロフェッショナルとして仕事をする、“企業内プロ”になるためには、どのように振る舞えばいいか。このコラムでは、社内外の人間関係の構築術や仕事の進め方について見ていく。

 職場での人間関係は、仕事をするうえでプラスにもマイナスにも作用する重大事だ。できることなら、良好な関係を保ちたい。今回は、社内での飲み会やイベントなどの「社内づき合い」に関して、「どんな時は参加すべきか」「どんな時に断るべきか」について述べていこう。

 まず、原則として出席すべきものは「公式の社内行事」だ。例えば歓迎会や送別会など、部課内の全員参加が暗黙の了解であるようなイベントには、可能な限り出席すべきだ。コミュニティーの結束上、避けられないものと考えよう。

 こうした行事は酒の席になることが多いが、ここで「飲める」「飲めない」は関係ない。目的は飲んで騒ぐことではなく、皆と顔をつき合わせて話すことだ。だからこそ、「出席して、その場にいること」に価値がある。

 行事に酒がつきものなのは、酒が入ることで打ち解けやすくなり、コミュニケーションを円滑にしやすいからだ。筆者も、酒の力を借りることがよくある。では、飲めない人はどうしたらよいのだろうか。

 ある企業の社長は全く飲めないので、飴玉をしゃぶりながら、酒席に参加するという。こういう人は、「場に溶け込む術」を身につけている。酒を飲んでいなくても、場の雰囲気に合わせて「うまく酔える」のだ。しかも彼らは飲んでいないから、その場で言ったことを忘れないし、何度も同じことを言ったりしない。大したものである。

 これはその人の性質というより、訓練のたまものだ。場数を踏むことで慣れるのである。そして経緯はどうあれ、出席したら思い切り楽しむことだ。「乗ってしまえる」自分になることが大事なのだ。

 こうした行事は、せいぜい年に数回、多くても十数回だ。それを面倒がって参加しなければ、せっかくのチャンスを逃がすことになる。それどころか、「つき合いの悪い人」と敬遠され、周囲から浮いてしまった結果、普段でも助けてくれなくなることすらあり得る。

 ただし、部門単位で数百人規模の大人数が集まり、誰が来たかも分からないような行事への参加・不参加は、それほど重要ではない。

不意の誘いは、断っても後でフォローできる

 対して、非公式な場合を考えてみよう。例えば、仕事帰りに「ちょっと軽く飲みに行こう」と誘われた場合だ。こうした誘いは、筆者の場合、できるだけ避けるようにしてきた。こちらにも都合があるし、すべてにつき合っているとキリがないからだ。

 めったに声をかけない役員が初めて誘ってきた場合などは例外として、職場でいつも顔を合わせている同僚や、飲み好きな先輩・直属の上司などからの不意の誘いは、断っても大きな影響はない。

コメント2

「西山昭彦の“企業内プロ”の行動学」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

富士山を目標にする人はいつか富士山には登れるでしょうが、エベレストには登れない。

澤田 秀雄 エイチ・アイ・エス会長兼社長、ハウステンボス社長