• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

【第23回】結婚で失敗したくない男たち

“アラサー男子”の新ブームは「すり合わせ婚」

  • 白河桃子

バックナンバー

2008年6月4日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 前回、TBS系のドラマ「Around 40 注文の多いオンナたち」について本欄に書いたら、関西テレビの報道部から「アラフォー(Around40の略で、40歳前後の女性)」に関してのコメント依頼が来た。ドラマもますます盛り上がっているようなので、今回も「アラフォー女性の結婚」について書こうと思ったが、最近面白い現象に遭遇したので、今回の御題は“アラサー男子”の結婚観としたいと思う。

 アラサーとは「Around 30」、通常は20代後半から30代前半の女性を指すが、“アラサー男子”は同年代の男性ということになる。団塊ジュニア層あたりの男性を意味していると思えばいい。

 さて、『「キャリモテ」の時代』『「婚活」時代』を出版して以来、ありがたいことにあちこちからインタビューされるようになったが、最近では女性誌だけでなく男性誌、それも30代男子、アラサー男性誌からの依頼も増えたのだ。例えば「SPA!」「DIME」、そして「CIRCUS(サーカス)」などがそうだ。

 中でも「CIRCUS(サーカス)」は、表紙に一番大きな文字で「すべらない結婚」というタイトルをうたっていた。「おかげさまで今月号は、いつもよりも8~10%売れ行きがいいんですよ」と、「CIRCUS(サーカス)」の編集者に聞いてびっくり。だって、男性誌で結婚特集ですよ!

 女性誌編集者に聞いたところ、「女性誌で結婚特集を組むのはもう当たり前。それで売り上げが伸びたという話は聞かないですねえ」とのこと。しかし、アラサー男子の読む雑誌が、「結婚特集号」で売り上げ増とは…。

結婚で失敗したくない男子が増えた

 ついに男性たちも「結婚を気にする」時代になった。日頃のインタビューでも感じているのだが、アラサー男子たちは「結婚願望」が強いし、結婚に対して悩みも多い。『「キャリモテ」の時代』も、男性たちから「読んでます」と反響をもらうことが多くなった。「結婚」という2文字に揺れるアラサー男子なのである。

 そう、かつての女の子のように「自分は結婚できるのか?」「結婚後どのような生活になるのか?」と、わりと真剣に考えているのだ。

 特に彼らが知りたがるのは、結婚後の夫婦像。家事育児経済の役割分担だ。アラサー世代の両親、つまり団塊の世代は「男女役割分担世代」で、「夫は仕事、妻は育児家事」と役割が分かれていた。みんなそうだったから、考える必要もなかった。何も考えなくても、夫の給料は右肩上がりで、将来の希望を持ち続けることができた。

 しかし今や、そういうわけにもいくまい…と一番よく分かっているのが、アラサー男子だと思う。妻にももちろん働いてもらわないと困る。自分だって一生この会社にいられるか分からない。第一、妻が専業主婦で「小遣い3万円の亭主」は、見ていてもあんなに辛そうではないか? 自分はああはなりたくない…。

『「キャリモテ」の時代』 白河桃子著 日本経済新聞出版社、1200円(税抜き)

この連載コラムが単行本になりました。『「キャリモテ」の時代』白河桃子著、日本経済新聞出版社、1200円(税抜き)


●新丸ビルで「キャリモテカクテル」発売!

新丸ビル7階の女性専用スナック「来夢来人」で、「キャリモテカクテル」を6月6日(金)に発売開始(6月末まで。なくなりしだい終了します)。「キャリモテカクテル」を注文した方先着10人の方に、単行本『「キャリモテ」の時代』をプレゼントします。

コメント25件コメント/レビュー

いつも楽しく見させていただいてます。20代の男です。白河さん女性なので当然女目線の記事になるわけですが、男が見ても楽しめる記事が多いように思います。ただ今回の記事で言えば男の場合慰謝料などでの経済的損失が大きいわけですからそこらへんも触れないと一方的な記事に見えてしまいますね。(2008/10/23)

「白河桃子の「“キャリモテ”の時代」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

いつも楽しく見させていただいてます。20代の男です。白河さん女性なので当然女目線の記事になるわけですが、男が見ても楽しめる記事が多いように思います。ただ今回の記事で言えば男の場合慰謝料などでの経済的損失が大きいわけですからそこらへんも触れないと一方的な記事に見えてしまいますね。(2008/10/23)

面白い記事なのでいつも読ませていただいております。私は結婚を失敗するくらいなら結婚しないと思っているぎりぎり20代の男です。やはり相手が悪くても慰謝料や養育費を払わなければならないし、相手の給料が低くても合算で家の収入になるというのであれば努力のしようがありませんし、また月のこづかいが一桁というのは我慢できません。こういうのをどうにかすれば男性はもっと結婚に積極的になるのではないでしょうか?(2008/07/02)

白河さんのコラム、いつも楽しみにしています。が、35歳女性の私にとっていつもひっかかかることが…。アラサー(around 30)、アラフォー(around 40)と分かり易い切り口なのですが、真ん中の私の世代はどっちなのだろう、と考えるのです。ちょうどバブル崩壊直後に就職活動をした団塊2世世代ですので、バブル世代の先輩たちとは全然違うし、かといって今30~32歳のアラサーとも違うような気がするんですよね。個人的にはバブル世代を「女子大生ブーム世代」、アラサー世代を「女子高生ブーム世代」と呼んでいます。その世代に挟まれた私達は、就職難、団塊2世の中でも最も人数が多いこと以外、注目されたことがなく、若い頃ちやほやされたことのない、狭間の世代と認識しています。今も、アラフォーとアラサーの狭間で地道にやっている感じがするけど、いかがでしょう?(2008/06/13)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リクルートは企業文化そのものが競争力です。企業文化はシステムではないため、模倣困難性も著しく高い。

峰岸 真澄 リクルートホールディングス社長