• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

【第24回】アラフォー女性とエコ王子

“三高女子”は“草食系男子”と相性がいい?!

  • 白河桃子

バックナンバー

2008年6月18日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「毎週、きちんと家に帰ってアラフォー(注1)を見ています」と一部の女性に熱狂的に支持される、TBS系のドラマ「Around 40 注文の多いオンナたち」。4月11日から始まったこのドラマも、そろそろ最終回を迎えようとしている。

 支持される理由は、登場する35~45歳女性のリアルさにあると思う。ドラマのプロデューサー氏は「このドラマのために500人のアラフォー女性と会いました」と言っていたので、道理でリアルなはずである。

 前回は主人公である女医(天海祐希が39歳の精神科医役を演じている)の父親がついに倒れ、主人公が「父が元気なうちに結婚しておけばよかった。子供を産んでおけばよかった…」と泣き崩れるシーンがある。これを見て、身につまされた人も多いのではないだろうか。私も「子供を…」のところでは、ズキズキきましたから。某大手結婚情報サービスの担当者も、「親が倒れたことを機に、入会される方もいらっしゃいます」と言っていた。

難しいのはアラフォー女性の相手選び

 しかし、前々回にも書いた通り、難しいのは自らが三高(注2)と化したアラフォー女性のお相手選び。ドラマでは、紆余曲折の末、天海祐希が結ばれようとしている男性は藤木直人。このお相手の設定が、絶妙なのだ。同業の医師でもなく、建築家でもなく(ドラマ「結婚できない男」では、主演の独身40男性は建築家で、相手役は女医)、弁護士でもないところがポイント。33歳の臨床心理士で、女医よりも低収入で年下、しかも「エコ男」なのである。

 何が絶妙なのか。こういう男性とアラフォー女性はお勧めカップリング、という点は間違いない。このコラムで提唱する「キャリモテ」では、35歳以上のキャリア女性の結婚相手は、これまで「男性に求められていた条件」と、何かが逆転している場合が多かった。例えば男性よりも女性の方が年上だとか、年収、仕事へのモチベーション、時には身長などが女性の方が高いとか…。

 ドラマ設定では、「男女の逆転現象」が年齢、年収、地位の全ての点で起きている。特に最後の「地位」については、天海祐希も藤木直人も同じように白衣を着る仕事なので、素人目にはどちらが上か分からないのだが、「女医と臨床心理士では明らかに格差がある」ということをドラマでははっきり言及しているのである。

 しかし、男女の立場があまりに逆転しすぎても困る。ドラマであるからには、女性たちが「ステキ」と憧れるようなカップリングでなくてはいけない。この場合の男性の立場が、病院という職場内でも、臨床心理士であるというのが、よくできた設定なのだ。

 医師よりも地位や年収は低いのだろうが、知的で社会的貢献度が高そうな職業である。しかもこの臨床心理士は、元商社マンでモテモテ男だったが、好きな仕事を目指すために会社を辞めたらモテなくなった、という「裏設定」もちゃんとある。

コメント7件コメント/レビュー

だから要するに、現実離れした無いものねだりを止めて自分を冷静に見つめれば(アラフォー女性に限らず、それが難しいんですが)、展望が開けてくるということ、どして何事も(エコも)やりすぎてはダメという、いつの時代にも当てはまる常識なんですよね。このコラムの中身は。それを、今時のドラマと(ちょっと強引に)結びつけて、現代特有の社会現象を分析しているように見せているんですが、人それぞれの生き方が、少しずつ市民権を得ている今の世の中で、なぜ結婚を煽るような話の持って行き方をするのでしょう?やはり筆者さんは、(無意識なのかも知れませんが)特定のサービス産業の代弁者なのでしょうか?(2008/06/19)

「白河桃子の「“キャリモテ”の時代」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

だから要するに、現実離れした無いものねだりを止めて自分を冷静に見つめれば(アラフォー女性に限らず、それが難しいんですが)、展望が開けてくるということ、どして何事も(エコも)やりすぎてはダメという、いつの時代にも当てはまる常識なんですよね。このコラムの中身は。それを、今時のドラマと(ちょっと強引に)結びつけて、現代特有の社会現象を分析しているように見せているんですが、人それぞれの生き方が、少しずつ市民権を得ている今の世の中で、なぜ結婚を煽るような話の持って行き方をするのでしょう?やはり筆者さんは、(無意識なのかも知れませんが)特定のサービス産業の代弁者なのでしょうか?(2008/06/19)

三高を手に入れたから、次は「癒し」というのでは、単なるペットと同じではないですか。人間は云うことを聞かないこともあるけど、ペットは、特に犬は絶対裏切りませんよ。こういう話を聞くと、専業主婦の家庭内での序列の話を思い出します。一番は私(妻)二番は子供、三番はペットで亭主は最後・・・。結局一緒じゃないか。(2008/06/19)

身近に一流企業管理職の女性(既婚)が二人いるのだが、失礼ながら、いずれのパートナーも年収の低そうな風采の上がらない男性である。共通しているのはトトロのようなほんわかとした雰囲気であろうか。出来る女性は男性に稼ぎではなく、癒しを求めているという説は正しいと思う。(2008/06/18)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

2018年のヒット商品は食・睡眠・運動の3つを中心に動いていきます。

髙田 明 ジャパネットたかた創業者