• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

【第31回】友人とは仕事しない・お金を貸さない
肉体関係を持たない

  • 深澤 真紀

バックナンバー

2008年6月26日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 家族、仕事、恋愛の人間関係には、それぞれ血縁、経済、肉体関係という前提があるからこそ成り立っているのだと、前回お話ししました。

 そして友人関係は前述の人間関係と違って、目標がない関係です。目標といえばせいぜい「一緒に旅行に行く」「サークルに一緒に参加する」というような短期目標くらいで、長期目標はないのが普通です。

 逆に言えば、友人関係はそれらがないことがよい部分であり、また友人関係を維持するためには、それらを「関係性」の中には取り込まない方が、うまくいくことが多いのです。

 例えば私は自分で会社をやっていますが、友人と一緒に会社をつくるのは難しいことだと考えています。

 これについては連載27回目でもふれていますが、友人関係がうまくいっているからといって、必ずしも一緒に仕事がうまくできるということではありません。「長くつき合ってきた友人だし、一緒にいい仕事ができるかも…」と思って仕事を始めてみても、うまくいかなかったということが多いのです。

友人には「お返し」を期待しすぎない

 そしてよく言われることですが、友人の間では、お金の貸し借りもしない方がいいのです。少額のお金なら、返してもらうことを期待せずにあげたと思った方がいい。本やCDも、貸したら返ってこないと思うくらいでちょうどよいと思います。

 友人とは「前提のない関係」だけに、何でもないことで関係性が壊れてしまいます。本を返してもらえなかったというだけのことで、友情が壊れたりするものです。

 友人との肉体関係については、もしかするとこれによって「恋愛関係」や「家族関係」へと、関係がシフトしていくことも考えられます。しかしその代わり、「友人関係」は破綻するかもしれません(とはいえ、いまだに「異性の間に友情は成立しない」というのも、どうかとは思いますが)。

 また、老後の理想として「友人と一緒に住む」というものがありますが、家族関係や恋愛関係があっても同居は難しいものです。近所に住むくらいなら、関係を維持できるでしょうが、同居するとなれば、家族や恋人以上に難しいものだと覚悟すべきです。

コメント5

「自分をすり減らさないための人間関係メンテナンス術」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

本当の問題は労務費ではありません。 熟練技能を持つ職人さんが 少なくなっていることです。

押味 至一 鹿島社長