• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

女性は営業に向かない?
男性上司と女性が“ホンネ”で語る

ジョンソン・エンド・ジョンソンの「WLIカンファレンス」リポート

  • 山嵜 千歳

バックナンバー

2008年7月1日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 新入社の頃はたくさんいた営業職の女性が、数年後に離職、退職してしまう…。女性は営業に向いていないのか?それとも、女性営業が続かないのには理由があるのだろうか。

イベントの会場の様子

イベントの会場の様子

 ジョンソン・エンド・ジョンソングループは6月5日、泉ガーデンギャラリーにて、ダイバーシティーに関するカンファレンス「WLI(Women's Leadership Initiative)」を開催した。同グループはジョンソン・エンド・ジョンソンほか3社で構成され、さらに同社は3カンパニー制になっているが、カンファレンスはこれらの合同・社内向けイベントである。「女性営業の活躍を妨げるものを探る~『女性は営業に向かない』は、思い込み!? あなたの思い込みを暴きます~」と題して、講師による講演とワークショップを行った。

 会場には各グループ会社から、23歳~60歳までの148人の社員(男性64人、女性84人)が参加した。男性参加者が4割を超えているのは、カンファレンスが女性の営業とその上司(男性が多い)を対象としているためだ。出席者は4~5人ずつ約30グループに分かれ、それぞれのテーブルに所属会社、役職、年齢、男女が交ざって着席。また出席者にはリモコンが渡され、講演中に出される質問に回答すると、結果が前方のスクリーンに映し出されるようになっていた。

女性の活用はしたいが、本音は不安

 まず『御社の営業がダメな理由』『営業は女のほうが上』の著者で、グランド・デザインズ代表取締役、インプレスキャリア代表取締役の藤本篤志さんから、「女性営業の活躍を阻むものとは」という講演があった。

 藤本さんはカンファレンス開催前に、ジョンソン・エンド・ジョンソングループの管理職376人(2008年3月28日~4月11日に実施、有効回答数287人)、営業職258人(2008年5月15日~5月23日に実施、有効回答数211人)を対象にアンケートを行っていた。アンケートの「ある男性管理職たちのひとりごと」という質問では、「男性管理職は女性部下に対して、普段どう感じているか」という点について、下記のような内容の回答が得られていた。

ある男性管理職たちのひとりごと
  • 女性の場合は結婚、出産、育児があり、男性と同じ条件での仕事の段取りが難しい。
  • 「結婚までの勤務」と考えている女性もいるので、長い育成プランが考えにくい。
  • 男性、女性の部下のどちらを重用したいかというと、やはり長く勤める男性部下を選びたくなる。
  • 厳しい対応を取った時に、女性だと泣かれるので困る。
  • セクハラやパワハラなど、女性はあまりに過剰反応しすぎる。
  • 相手が女性だと、2人だけで込み入った話ができない。食事に誘って誤解を招くのも困る。
  • 女性にこちらの言葉尻を取って反応されることもあり、言い方、話すトーンなどにとても気を使う。

コメント23

「働く女性のリアルリポート」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

意外なことに、伝統的な観光地が 訪日客の誘致に失敗するケースも 少なからず存在する。

高坂 晶子 日本総合研究所調査部主任研究員