• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

【第33回】新しい友人を「つくる」には

「友人は多いほどいい」は幻想

  • 深澤 真紀

バックナンバー

2008年7月10日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 前回まで、「既にある友人関係」をメンテナンスする方法についてお話ししてきました。今回は、「友人をつくる」ことについて考えたいと思います。

 「友人が多い方が人徳がある、幸せな人生である」という思いは、多くの人が持っているかもしれません。しかしこれは、ある意味で“幻想”ではないかと思うのです。

 「1年生になったら」という歌の中に「友だち100人できるかな」という歌詞があります。こういう歌があることも、「友だちは多い方がいい」と思ってしまう原因の1つかもしれません。私たちは幼稚園や保育園に通っていた頃にこの歌を歌いながら、「小学校に行ったら、友だちが100人できるんだ!」と、本気で期待していたわけです。

 その後何年もたってからも、たとえ彼氏や夫がいなくても、そして家族や仕事仲間とうまくいかなくても、せめて友人だけは欲しい、友人とはうまくつき合っていきたいと思っている人も多いかもしれません。

 こんな時に考えるのは、「友人は、いったいどうやってつくればいいのか?」ということです。

友人は「つくる」のではなく「できる」もの

 しかし、友人はつくろうと思ってつくれるものではありません。友人は「できる」ものです。恋愛だったら「相手に告白した日」や「つき合い始めた日」が記念日になるかもしれませんが、友人の場合は「いつのまにか友人になっていた」ことが多いものですから。

 もちろん友人を“つくる”ための手段がないわけではありません。ただしその場合の、「友人」との関係は薄いものになるでしょう。

 恋人や家族という関係には、ある一定のレベル(相手との関係の深さ)が必要ですが、友人の場合は、「知人の延長」から「親友」までレベルはいろいろです。ですから、いきなり「親友」をつくろうとしても、それは無理というものです。

 ここで友人をつくる時に、最初に考えるべきことがあります。

1)とにかく「友人」が欲しいのか
2)特定の「あの人」と友人になりたいのか

 とにかく友人が欲しいのであれば、まずは自分に対してなんらかの興味を持っていたり、好意を示していたりする人を「友人候補」として考えましょう。そんな人もいないという場合は、少なくとも自分のことを嫌っていない人ということで、候補を考えます。

 そしてその相手に、自分から何かを提供してみましょう。提供するといっても、情報や話題などということです。「△△さんはお笑い番組が好きだと聞いてたんですけど、あの番組の録画をダビングしましょうか」といったようなことでいいのです。こういうアプローチが、友人づくりのきっかけになります。

コメント3

「自分をすり減らさないための人間関係メンテナンス術」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リストラなどつらい経験もありましたが、多くの山に登ったことで、別の景色が見えやすくなりました。

吉田 秀俊 VAIO社長