• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

【第26回】「事務職OL」を選んだアラサー女性
本音は「営業はイヤ」「定年まで勤めたい」

  • 白河桃子

バックナンバー

2008年7月16日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 先日、商社のOLさん数人に会ってきた。私は1980年代後半に、ある商社の事務職OLとして社会に出たので、ある意味で彼女たちは私の後輩のようなものだ。私が就職した頃、同期の事務職女性の数は200人という、大量採用時代。バブルだったのである。そんな私たちはHanako族(注1)と呼ばれた。

   それから約25年。今の事務職女性は、どんな人たちなのか? なぜ総合職ではなく、事務職を選んだのか? また私がOLだった80年代は社内結婚が盛んで、結婚相手を探すために就職するという人も多くいた。今の女性たちは、社内恋愛に対しては「低温」なのか? 何よりも、総合職になれるチャンスの多い今、4大卒女性の事務職たちは、現在の仕事に満足しているのだろうか?

 「事務職OLたちの今」が知りたい…。そう思っていた私に偶然、OLたちと食事をするチャンスが訪れた。この20年で、いわゆる「大手商社OL」はどう変わったのだろうか。みんなエビちゃん(注2)になっていたりして…。

大手商社のアラサー女性たちはおとなしめ

 集まった女性数人のうち、上は34歳、下は26歳という「アラサー(Around30。30歳前後)世代」。ブランドバッグを持ち、いい時計をしているが、ファッションは事務系OLのお手本らしく、サマーニットにふわりとしたスカート。きれい目だが、あまりミーハーな感じではない。私がOLをしていた頃、この会社は「同業他社に比べておとなしい感じ」という評価だったようだが、今も変わっていないのかもしれない。

   就職氷河期のさなかに社会に出て、大手企業に見事就職しているのだから、優秀な女性だろう。ひょっとして「とりあえず事務職で入って、入社後に総合職転換を狙う」という人もいるかもしれない。とにかく、正規社員になるだけでも大変な時代である。

   「日経WOMAN」2008年5月号によれば、この20年の働く女性の歴史を振り返ると、女性雇用者数は1670万人(1988年)から2277万人(2006年)に増加。また着目すべきは、非正社員の比率だ。35.1%(1988年)から53.5%(2007年)に増加している。いまや働く女性の半数が、非正規社員である。

   「なぜ事務職を選んだのですか?」と聞くと、彼女たちの口から語られたのは、すさまじいまでの就職氷河期の就職戦線の様子だった。

『「キャリモテ」の時代』 白河桃子著 日本経済新聞出版社、1200円(税抜き)

この連載コラムが単行本になりました。「コンカツ」って何?という女性たちに贈る、「婚活バイブル」の決定版。本コラムに、「実践的婚活マニュアル」を加筆してまとめました。『「キャリモテ」の時代』白河桃子著、日本経済新聞出版社、1200円(税抜き)

コメント19

「白河桃子の「“キャリモテ”の時代」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トランプ政権のここまでの動きはスロー。

ジョセフ・ナイ 米ハーバード大学特別功労教授