• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

女性が働くと、子供が増える!?
オランダのパートタイム社会に、未来の働き方のヒントが

  • 田中 祥子

バックナンバー

2008年7月29日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 今、「女性」の労働力に大きな注目が集まっている。

 ご存じの通り、団塊世代の定年に伴う大量退職、少子化と、日本は急激な労働人口の減少時代を迎え、企業にとっても労働力確保が急務。定年延長、外国人の採用と様々な対策は考えられているが、国内に活用できていない労働力がある。それが女性なのだ。

 2008年版の『男女共同参画白書』によると、日本の労働力人口に占める女性の割合は41.4%。労働力人口比率(以下、労働力率※)は、女性48.5%、男性73.1%だ。中でも、既婚女性の労働力率は低く、30代後半の水準は1975年のものに近い数値だという。
 
 結婚や出産を機に、7割の女性が仕事を辞めてしまうという日本。この女性たちに働き続けてもらう。…このインパクトは少なくないわけだ。
(※)15歳以上の人口に占める労働力人口の割合

 しかし有効な対策はあるのだろうか? 世界の例を見てみよう。高齢化、少子化に伴う労働力減少は日本に限ったものではなく、先進国の多くは同じ課題に頭を抱えている。特に、イタリア、スペインといった南欧諸国は、女性が家事や育児を主に担い、働き続けることを諦める人も少なくない。日本と状況が似ており、同じ悩みを持っていると言われる国々が、解決策として今注目している場所がある。

 それが「オランダ」だ。

女性の7割が就業する国、オランダ

 ドイツ、ベルギーに隣接するオランダ。以前は、日本同様に“女性は家庭、男性は仕事”という性別役割分担意識が強く、結婚・出産後に仕事を辞める女性がほとんどだった。しかし現在は、女性の70%近くが就業する(欧州の平均59%より高い)。女性を労働市場に呼び込んだことが、結果として出生率の低下を防ぎ、経済成長も成し遂げる原動力となった。

 2008年の出生率予測は1.66(日本1.34/2007年、米国 2.10/2006年、イタリア1.34/2005年、スウェーデン1.77/2005年)。経済成長率は3.5%(2007年。日本の2007年度経済成長率は実質1.6%)だ。

オランダ

オランダの人口は1600万人程度、面積は日本の九州とほぼ同じ。公用語はオランダ語だ(写真:西堀 綾子、以下同)

 では、女性をどうやって労働市場に呼び込んだのか? オランダの最大の特徴。それはパートタイム社会ということ。実は、オランダ女性の75%が、週34時間以下で働くパートタイム社員で、週5日働くフルタイムの女性は少数派だ。

 とはいえオランダのパートタイムは、日本とは状況がずいぶん異なる。オランダは「同一労働、同一賃金」社会。パートタイムは「非正規雇用」という位置づけではない。全員が「正社員」で、待遇や時間当たりの賃金は、正社員と同等だ。

コメント6件コメント/レビュー

オランダは進んでいますね。早く日本も追随して欲しいものです。正社員は残業でヘトヘトでパートや派遣はワーキングプアという、今の日本の状況は明らかに異常です。はやく同一労働同一賃金を実現して、男女共にゆとりのある生活ができるようになって欲しいと思います。(2008/07/29)

「働く女性のリアルリポート」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

オランダは進んでいますね。早く日本も追随して欲しいものです。正社員は残業でヘトヘトでパートや派遣はワーキングプアという、今の日本の状況は明らかに異常です。はやく同一労働同一賃金を実現して、男女共にゆとりのある生活ができるようになって欲しいと思います。(2008/07/29)

パートタイムとフルタイム、同じ仕事なら同一賃金、これしかないですね、不公平を是正するには。単年度契約で雇用している契約職員の方が、時給単価は若干高いが、ボーナスはつかない、ペースアップ無し、それでも、仕事は正規職員よりよっぽどできる。まずは、仕事が楽な官公庁の事務系から不公平是正すべきだと思います。(2008/07/29)

今回のコラムの中でも触れられていなかった事で、この手の話題で気になるのが、『同一労働・同一賃金』社会での福利厚生、特に年金や健康保険の仕組みは、彼の国ではどの様になっているのでしょうか? 日本の社会が『同一労働・同一賃金』に踏み切れない要因の一つが現役正社員の既得権(給与)の堅持、そしてもう一つが会社が半額負担しなければならない厚生年金が大きい様に感じています。日本は年金・健康保険制度が複雑な上、働き方や職種で違っている為、『同一労働・同一賃金』も導入しにくいと感じています。 海外における、その辺りも知りたいです。 また子供が居ないので分かりませんが、日本の保育所の数や質は本当に進んでいるのでしょうか? 何だかニュースなどで聞くと待機児童(乳幼児)が多く居るとか、時期を逃すと保育所を見つけるのが大変(4月に出産すると来年の春まで待機とか)などとよくに耳にするのですが…?(2008/07/29)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

すきま時間を活用できることに気づいた消費者は、時間価値をかつてないほど意識している。

松岡 真宏 フロンティア・マネジメント代表