• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

影響力あるリーダーシップとは?

「無意識の思い込み」に気づき、人と人の架け橋になる

  • 北湯口ゆかり

バックナンバー

2008年7月30日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「人と人との間に入って仲をつなぐ。そのために力を尽くすのが楽しく、自分に向いていた。それが私の強みになったと思います」と語るのは、米国を拠点に活動する非営利団体「GOLD」の代表、建部(たてべ)博子ひろこさんだ。建部さんは18歳で単身米国に留学し、その後1975年にジャパン・カリフォルニア銀行(1983年に第一勧業銀行現地法人のカリフォルニア第一勧業銀行となる)に入社。以後、女性初の取締役兼副頭取、カリフォルニア銀行協会理事などを務めた。

 退社後2006年に建部さんは、次世代リーダーを育成するためにGOLDを設立。個人の才能を尊重し活用する企業と市民のコミュニティーの創造を目指し、働く女性の支援活動を展開している。また、米国で同じ志を持って活動する団体「Women's Leadership Exchange」「Big Thinking Women」らとコラボレートしている。
 

グローバルリーダーの育成に向けて

米GOLD代表の建部博子さん(写真:皆木 優子)

米GOLD代表の建部博子さん
(写真:皆木 優子)

 GOLDでは「グローバルリーダーの育成プログラム」による研修を実施している。また、堀井紀壬子さんが理事を務めるNPO法人(特定非営利活動法人)「GEWEL」と姉妹関係を結び、日米をつなぐ架け橋となって活動を進めている。

 10月には日米のビジネスパーソンの情報交換と交流の機会提供のため、GOLDとGEWELの共催で「インパクト・リーダーシップシンポジウム」を開催する。建部さんやGEWELのネットワークを駆使し、日米のトップリーダーによる講演やパネルディスカッション、分科会を企画し、「真に影響力のあるリーダーシップとは何か、どのようにすれば育成できるか」について議論を尽くす。

 では建部さんの考える、ビジネスリーダーのあり方とはどのようなものなのか。

 6人姉妹の末子として育った建部さんは、幼少の頃は身体が弱く「影が薄い存在」と自覚していたが、思春期の頃から自分の殻を破ることを考えていた。1969年、心配する家族の反対を押し切って18歳で単身米国留学を決意。誰も自分を知らない国に行き、「個」としての自分には何ができるのか試したかったからだ。ホイッテア大学を卒業後一度帰国したが、当時の日本では就職先がなく、チャンスを求めて再渡米し、ジャパン・カリフォルニア銀行に入社した。

 建部さんの信念は、「知識はパワー」ということだ。知識は努力すればするほど多く得られ、人に奪われることがない。銀行勤務時代は社外セミナーに出席したり大学院にも通うなど、多くの時間を勉強のために費やした。公認ファイナンシャルプランナーの資格も取得。この努力が、その後のキャリアアップとポジション確保につながった。

コメント2

「女性リーダーのビジネススタイル」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の社会に足りないのは起業家精神です。

デイビッド・ルーベンシュタイン 米カーライル・グループ共同創業者兼共同最高経営責任者