• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

パソコンを海外で使う時に準備するもの

通信ケーブル、ネットの専用ページ
メールによるファクス・郵便サービスなど

  • 深澤 真紀

バックナンバー

2008年8月5日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 出張に行く時に悩むのは、パソコンを持って行くかどうかでしょう。

 もちろん、出張先でパソコンを使ったプレゼンテーションをするといったように、「絶対にパソコンが必要な場合」には悩むことはないのですが、「もしかしたらメールチェックをするかも…」「向こうのホテルで時間があれば、原稿を書くかも…」といったように、「あれば便利だけど、重いし、持って行くのが面倒くさい」という時には、悩んでしまうものです。

 そこでパソコンを持って行くかどうかは、下記の点をチェックしてから決めましょう。

(1)宿泊するホテルにパソコンが使えるビジネスセンターがあるか

(2)ホテルの近くにインターネットカフェがあるか

 上記の2点を、事前にホテルにメールなどで問い合わせておきましょう。その際どちらかでパソコンが使えて、それで十分ならば、持って行かなくてもいいわけです。

 また、現地にもしビジネスセンターやネットカフェがなくても、海外で使える携帯電話やPDAでメールチェックするくらいで十分なら、パソコンは必要ありません。

 今回のコラムでは、「やはりパソコンを持って行く」と決めた場合に準備するものについて見ていきます(次回は「パソコンを持って行かない場合」の準備を紹介します)。

便利な通信ケーブル

 パソコンを持って行くと決めたら、まず以前のコラムで紹介した電源プラグや変圧器を用意してください。

てるまきくんWをLANポートとパソコンにつないで使っている(バンコクのホテルにて)。本体裏側には、各国時差早見表もあって便利

てるまきくんWをLANポートとパソコンにつないで使っている(バンコクのホテルにて)。本体裏側には、各国時差早見表もあって便利

(1)通信用ケーブルを用意しよう

 出張先でパソコンからネットを見たりメールをやり取りするなら、通信用ケーブルを用意しましょう。私のお薦めは、LANケーブルと電話用ケーブルが1つになった「てるまきくんW」です。これが1つあれば、ホテルの部屋でLANが使える場合はLANケーブルとして、LANが使えずに電話線につなぐ場合は電話用ケーブルとして使えて便利です。

 ホテルの部屋でLANが使えず、電話回線しか使えない場合は、その国にあった電話プラグ変換アダプターを用意しておくと安心です。LANや電話回線が使えるかどうかは、事前にホテルに確認しておきましょう(両方ともつながらないホテルもあります)。

「深澤真紀の海外出張 役立ちガイド」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リクルートは企業文化そのものが競争力です。企業文化はシステムではないため、模倣困難性も著しく高い。

峰岸 真澄 リクルートホールディングス社長