• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

海外のパソコンで日本語を使うには

  • 深澤 真紀

バックナンバー

2008年8月19日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 今回は、海外に自分のパソコンを持って行かないで、ホテルのビジネスセンターやネットカフェのパソコンを使う場合の準備についてご紹介します。まずは、泊まるホテルにビジネスセンターがあるか、またはホテルの近くにネットカフェがあるかどうかを確認してください。

 これからご紹介する準備をしていけば、「せっかくパソコンを持っていたのに、トラブルで使えない(例えば、ホテルの部屋からどうしてもネットに接続できない、など)」といった時でも、ビジネスセンターやネットカフェで仕事ができるので安心です。

海外のパソコンで日本語入力できるAjaxIME

 まずは前回の連載にも書いたように、Yahoo!やGoogleなどで自分のアドレスを作っておきます。これで、海外のパソコンからも自分のメールにアクセスできます。

 ただし海外では、日本語入力ができないパソコンもあります。私もしかたなくローマ字表記のままメールを送ったことがあります。

 そこで、そんなパソコンでも日本語を入力できるサービス「AjaxIME」を利用しましょう。このサイトにアクセスすれば、ローマ字で入力した言葉を日本語に変換できるのです。

 ここで作った日本語の文章をコピー&ペーストして、ウェブメールの送信などに使えばよいのです。このサイトを海外で使うために、URLをメモして持って行くといいでしょう。また、詳しい使い方もウェブサイトに書いてありますので、ここをプリントアウトして持って行くこともお勧めします。事前に日本でこのサイトを使っておくと安心です。

 もしURLを忘れてしまったら、海外から検索サイトで「ajax ime japanese」と入力してアクセスしてください。

 なお、ビジネスセンターやネットカフェで日本語が表示されない場合は、スタッフに「ブラウザーで日本語を見られるようにしてほしい」と伝えれば、設定をしてくれます。

 なお、パソコンは持って行かなくても、現地で使いたい仕事用ファイルもあると思います。これらのデータは、事前に自分のメールアドレスに添付して送ったり、前回の連載で紹介した、ネットストレージなどに入れておくとよいでしょう。

 USBメモリーにデータを入れて持って行く場合は、現地で紛失したりして情報流失する危険性もあります。そこで、上記のようにメールやネットストレージでデータのバックアップを取っておき、指紋認証などのセキュリティー機能の使えるUSBメモリーを使うようにしましょう。

オススメ情報

「深澤真紀の海外出張 役立ちガイド」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

大学、社会で伸びる人材に なれるか否かは、高校の教育環境に 大きく左右される。

溝上 慎一 京都大学高等教育研究開発推進センター教授