• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

【第27回】商社事務職OLの恋愛事情
社内恋愛では“負け組”に?

  • 白河桃子

バックナンバー

2008年8月20日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 アラサー(Around30=25~35歳)世代の女性の恋愛事情は、どうなっているのだろうか?

 最近、“アラサー向け女性誌”の取材を受けるたびに、読者の「カレシいる率」をチェックしているのだが、おしゃれな女性誌の読者も、なんと半数は「恋人なし」である。中には、「読者の6割にカレシがいない」という女性誌もあった。みな、20代後半~30代前半の働く女性を読者に持つ雑誌である。

 20代後半~30代前半といえば、バブル時代は「社内恋愛」が花盛りであった。今どきのアラサー女性たちは、社内恋愛はしているのだろうか? 前回のコラムで登場した、商社の事務職OL4人に聞いてみた。

いまや社内恋愛の難しい時代

 「社内恋愛が当たり前と思って入社したんですけれど(笑)、意外にないですねえ。周りの男性は既婚者ばかり…。だまされた、という感じです」という声が。確かに社内恋愛は、環境がものを言う。

 バブル時に大手生命保険に勤務していた女性が、こう話していたのを思い出す。「本社の6階のフロアまではおじさんばかりで、7階以上は若い男性がいる。結局、7階以上に配属された子が、ダントツで社内結婚率が高かった。私も7階以上に配属されていれば…。ちょっと残念です」

 社内結婚の法則は、今も昔も実は変わらない。「自分の半径5メートル以内」が肝心だ。だが事務職OLたちは、「半径5メートル以内に素敵な人が何人もいると思って入社したのに、結局50メートルまで広げてみても誰もいなかった」と嘆くのである。

 この会社では、全社員が集まるパーティーが年に1度ある。「その時に、あちこち見回しているんですが、いい人がいないんですよぉ」。まあ確かに、理想的な男性は探してもそうそういるものではないだろう。しかし問題は、彼女たちの側にもあるのではないか…?

 「カッコいい男性は、キレイでガツガツした人に持っていかれてしまう…。特に最近は、子会社の女性と本社の男性との結婚が多いんです」。この「ガツガツした人」というキーワード! これは、私が共著書『「婚活」時代』でも書いた、「結婚で食べていこうという覚悟のある、結婚のプロのような女性」に該当すると思う。

 商社の分社、子会社化で、多くの本社社員が子会社に出向する。すると、本社の男性は子会社の女性に持っていかれるというのだ。「『女子大から大手企業の子会社に入社して、本社の男性と結婚する』という、“ちゃんとした結婚プラン”を持っている女の人もいるんです。私たちは、就職活動の時はそこまで考える余裕がなかったね」「私たち、負けてるよね」「うん、選択を間違えた」と口々に言う事務職OLたち。

 「就職も恋愛も、ハングリーな人が勝つんですね」。正社員として事務職の仕事を手に入れた“勝ち組”とも言える彼女たちも、恋愛の方は同じようにはいかないようだ。

「白河桃子の「“キャリモテ”の時代」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

店長や売り場主任などの管理職は、パートを含む社員の声を吸い上げて戦略を立てることが重要だ。

川野 幸夫 ヤオコー会長