• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

ダメ上司、ムダ上司の傾向と対策(3)
「風見鶏上司」「会社ラブ上司」「売り込み上司」

  • 西山 昭彦

バックナンバー

2008年8月25日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「ダメ上司、ムダ上司」の第3回目は、部下が「カンベンして…」と思わずグチを言いたくなるような、扱いづらい上司のパターンを3つ紹介しよう。

 まずは、ご都合主義な「風見鶏上司」。その時の社内世論や上役の意向次第で、自分の態度をころころ変えてしまうタイプだ。

「風見鶏上司」は、時に部下を裏切る

 例えば、こんな具合だ。他部門のメンバーを交じえて社内プレゼンテーションをしている時のこと。プレゼン内容は事前に上司に説明し、了承を得ていた。それなのに、プレゼン中に他部門から反対意見や異論を唱える声が上がってくると、彼らと一緒になって批判し始めてしまう。

 頼みの援軍であるはずの自陣から、攻撃の矢が飛んでくるのだから、部下としてはたまったものではない。「それはないだろう。アンタだけ逃げる気か!」と裏切られた思いで、上司を信頼できなくなってしまう。

 こういった「風見鶏上司」への対策は、最初に上司に説明をする時に、目の前でメモを取ったり記録を残して、言質を取っておくことだ。そうしておけば、プレゼンの場で「あの時、○○部長も同意なさっていましたよね」とバラして、変わり身の早い風見鶏上司を牽制することもできる。

 または、事前に言質を取っていたとしても、プレゼンの場ではあえて上司の変わり身を責めず、後になってメモなどを見せる。上司の裏切りをその場では容認し、自分が泥をかぶることで「貸しを作る」のだ。上司自身も、プレゼンの場で部下を擁護しなかったことを多少は後ろめたく思っているはずだ。この貸しは、別の機会に取り返せばいい。

 もっとも「風見鶏上司」は、人事考課ではあまり評価されない。世論に迎合した方が失点が少なくて済むだろうと思って行動しているのだろうが、ご都合主義が透けて見え、一貫性がないことで、部下の信頼を失うだけでなく、上からも評価されないことが多いことを忘れない方がいい。

 本来なら上司とは、周囲からの非難の矢面に立ってほしいものだ。「この企画は…という理由で、自分が承認したのだ」と部下を守り、自己責任主義の立場を貫いたうえで反論も受け入れる柔軟性を示す方が部下から信頼され、上からの評価も得られるはずだ。

 それでも、ついご都合主義に走ってしまう「風見鶏上司」は「性格的に弱い、かわいそうな人」。限界を踏まえて対処すればいい。

コメント4件コメント/レビュー

 売り込み上司、この特徴を持った人間が、当社にいます。 ケチを付けたいだけなのはミエミエなのですが、そんな人間がチームリーダーをやっているので、止める人間がいません。 西山さんのご指摘どおり、代案は何もないのですが、「具体的にはどうすれば…?」と反撃っぽいこともしてみたのですが、残念ながら、彼は黙ってくれませんでした。「それを考えるのが、お前の仕事だろう」(2008/08/26)

「西山昭彦の“企業内プロ”の行動学」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

 売り込み上司、この特徴を持った人間が、当社にいます。 ケチを付けたいだけなのはミエミエなのですが、そんな人間がチームリーダーをやっているので、止める人間がいません。 西山さんのご指摘どおり、代案は何もないのですが、「具体的にはどうすれば…?」と反撃っぽいこともしてみたのですが、残念ながら、彼は黙ってくれませんでした。「それを考えるのが、お前の仕事だろう」(2008/08/26)

売り込み上司の心当たりがありました。なるほど、そういう心情で「一見鋭そうに見えるが、コストのかかる指摘」をしていたのですね。(2008/08/25)

上司といえども所詮は自分と同じサラリーマンであり、多かれ少なかれ癖の1つや2つ、3つや4つ持っているもの。出世したのだから、その癖もまんざらではない、と思っているだろう。世の中良い上司の方が少ないと思う。3回に渡って上司との付き合いを説かれているが、筆者の書かれる対策は一般論として如何にも簡単だが、そんなに単純に対策できれば今頃困ってないし、現実はそんな簡単じゃない。少なくとも私の周囲は。筆者は余程上司に恵まれたのか。。。。だいたい、「プレゼンの場で部下を擁護しなかったことを多少は後ろめたく思っている」訳がない。そんなの何の気にもしない、考えてないから手におえないのだ。(2008/08/25)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

店長や売り場主任などの管理職は、パートを含む社員の声を吸い上げて戦略を立てることが重要だ。

川野 幸夫 ヤオコー会長