• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

ダメ上司、ムダ上司の傾向と対策(4) 「仕事ロボ上司」「せっかち上司」「老兵上司」「脱線上司」

  • 西山 昭彦

バックナンバー

2008年9月1日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 3回にわたり「ダメ上司、ムダ上司」をタイプ別に紹介してきたが、今回は筆者が実際に近くで見てきた、4人の「困った上司」のエピソードを見ていこう。

 1番目のA上司は、極端な「仕事ロボ上司」。抜群に仕事のできる人だったが、そこに一切の感情も感じられない。まるでロボットのように「無機質な仕事師」だった。

冷酷で周りに構わない「仕事ロボット」

 ビジネスパーソンは、多かれ少なかれ仕事に対して「思い入れ」を持っている。しかし、A上司にはそれがない。好きも嫌いもなく、冷静に仕事上の問題点を見極め、かなり強引な手段で突破していく。

 自分のプランに絶対の自信があるのか、周囲の言うことには一切耳を貸さない。抵抗勢力に対しては、企業トップである社長に直訴してでも説き伏せ、上から叩きつぶすという手段も用いた。取引先との交渉でも、相手を怒らせようが、一切妥協はしない。次々と改革を進め、敵を作ってもお構いなしだった。

 A上司にとって、仕事とはタスクの遂行であり、その他のことには価値も意味も見いだせなかったのだろう。自分が立てた戦略の完遂を目指し、先頭に立って、後に続く仲間を振り返ることもなく、ただ突き進み続けた。

 実績があるだけに上からの評価は抜群に高かったが、部下から慕われることはなかった。筆者もA上司と同じ部署に1年間いたが、勤務時間外のつき合いは全くなく、趣味などの個人的な情報も分からないままだった。無味乾燥で、何を考えているか分からない、どこか恐怖を感じさせる存在だった。

 こうしたタイプの上司の下では、部下も機械的になるしかない。他人と人間的な交流をする気がない相手なのだから、部下側がそれを求めても徒労に終わる。自分のタスク遂行に役立つ人間のみを評価し、そうでなければバッサリ切り捨てる。また、聞く耳を持っていないので、提案をしても無意味だ。

 こういう上司の場合はあくまでもサポート役に徹し、上司が発案したことをいかに補強できるか、どうやってうまく実行するかを考える。そのタスクに役立つ情報や人を提供することが務めと割り切って、コバンザメのように食らいついていくのが唯一の道だ。

思い入れの強すぎる「せっかち人間」

 B上司は人情味にあふれ、部下や周りのスタッフを大切にする。ただ、その仕事ぶりは、先に紹介した「ブロック上司」と「自己チュー上司」をミックスしたような人だった。

 大きな野望も持っていたB上司は、仕事に対する思い入れがものすごく強い。そして、恐ろしく“せっかち”だった。

 仕事の進み具合がいったん気になってしまうと、たとえ休日であろうと部下の携帯電話に「あの件はどうなっているんだ?」と電話をかけてくる。何事かと思って聞いてみると、「今度の会議に使う○○の資料は、準備できているか?」といった、ごく些細なことだったりする。

コメント4

「西山昭彦の“企業内プロ”の行動学」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

誰もやらない領域を根気強く続けられるかが成功の秘訣。

田坂 正樹 ピーバンドットコム社長