• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

“理想的な上司”は少ない
上司とうまくつき合う心得7カ条

  • 西山 昭彦

バックナンバー

2008年9月8日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 これまで4回にわたって、様々な「ダメ上司、ムダ上司」の傾向と対策を見てきた。今回は、どんなタイプの「ダメ上司、ムダ上司」にも効果的な「心得7カ条」を紹介する。ここに紹介するのは、「当たり前」と思えるようなことばかりかもしれないが、実はこういった日常的な心得が、実は大事なのだ。以下を、総合的な上司対策の参考にしてほしい。

(1)いつも大きな声で挨拶し、一言添える

 日常の「挨拶」の効果は大きい。出社した時やオフィスで会った時など、元気よく挨拶できることは、人物評価としてもプラスに働く。「あいつは元気があっていい」と上司が感じるように、大きな声で挨拶をする。

 しかし「おはようございます」などの挨拶だけで終わってしまっては普通過ぎるので、その後に「一言」加える。これが効く。

 加える一言は、相手に関することなら何でも構わない。例えば、身なりで気づいたことを言ってみる。「スーツを新調なさったのですか」「今日のネクタイの色合い、いいですね」。連休明けなら「お休みの間は、どこかへ行かれたんですか?」という具合だ。

 こうした一言があると、言われた方は「自分に関心を持ってくれているんだな」と、相手を好ましく思うようになる。それは部下でも上司でも一緒だ。

 相手を恐れ多いと感じるのか、または面倒なのか、相手に挨拶はしても、面と向かって気軽な一言を口に出す人は少ない。それだけに、実践できる人は印象に残り、好感を持たれるというわけだ。

(2)ユーモアで場を和ませる

 笑顔とユーモアの効用も見逃せない。下手なギャグでも、つまらなくてもいい。面白ければ相手は笑うし、つまらなくても思わず苦笑し、そこで場がフッと和む。そうした雰囲気を作り出せるかが大事なのだ。

 「お笑いの文化」の土壌があるせいか、関西の人は、こうした資質に長けている。間の取り方や、イントネーションなどで笑わせてくれることも多い。きつい一言も、ユーモアを交えた言い方一つで、耳に入りやすくなる。

 ベストセラーになった『不機嫌な職場~なぜ社員同士で協力できないのか』(講談社現代新書、河合太介・高橋克徳・永田稔著)でも指摘されているように、現代は職場に笑顔がなく、ギスギスした雰囲気になっていることが問題視されている。そんな中、場を和ますことができる人の存在は大きい。上司も、そういう部下を欲している。

(3)何でも相談をもちかける

 上司は「相談」というフレーズに弱い。案件の話をする際も「報告します」「説明させてください」と言うより、「相談させてください」「相談に乗ってもらいたいことがあるんです」と言い換えると効果的だ。

 「相談したい」と言った以上、上司は何らかの意見を出してくる。その一部でも取り入れた行動をみせると、上司の心証はグッとよくなる。

 相談する内容は、仕事のことだけに限らない。「引っ越しを考えているんですが、家賃の安い場所をご存じありませんか」「実は友人と些細なトラブルがありまして、困っておりまして…」など、時にはプライベートなことも相談してみよう。

 それだけでも、上司は「自分は頼りにされている」と感じ、あなたを「かわいい部下」だと思ってくれる。

コメント4

「西山昭彦の“企業内プロ”の行動学」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

定年後の社会との断絶はシニアの心身の健康を急速に衰えさせる要因となっている。

檜山 敦 東京大学先端科学技術研究センター 講師