• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

【第29回】「結婚の失敗」を恐れるアラサーたち
手堅くいくよりギャンブルしてみては

  • 白河桃子

バックナンバー

2008年9月10日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 『「婚活」時代』(ディスカヴァー・トゥエンティワン、山田昌弘・中央大学文学部教授との共著)が、おかげさまで11万部を突破した(参考記事はこちら)。女性誌は6月や秋口に必ずと言っていいほどブライダル特集を組むが、この特集でかなりインタビューをしていただいた。ほとんどすべてのアラサー(Around30=25~35歳)向け女性誌に顔を出させていただいたことになる。

 時にはインタビュアー自身が30代独身、ということも。フォトグラファーの女性も、撮影しながらいちいちうなずいてくれているなあ…と思ったら、後から「私も“アラサーど真ん中”で、婚活中です」というメールをいただいたり、ライターさんが突然「私は“バツ2”なんです」とカミングアウトしてくれたり。…既婚者にとっても未婚者にとっても、「結婚」という話題は女性たち全員で盛り上がれるテーマなのだと、実感することしきりである。

 記事を作る時には読者座談会で読者たちの生の声を聞き、詳細なアンケートで結婚観や悩みを探る。女性誌編集者は、自分の雑誌の読者層を把握することに関しては一流で、おかげさまでアラサー世代に関しての情報を、ずいぶんいただくことができた。

確実に幸せになれる結婚を求めるアラサーたち

 以前も書いたが、特筆すべきは30代向け男性誌も、最近この問題に目を向けてくれることだ。今回、週刊誌の「SPA!」が「男の婚活」という特集で取材に来てくれた時は思わず言ってしまった。「ついに『SPA!』も、“モテ”から“結婚”に目を向けてくれたのですね」。取材に来てくれた編集者は、30代シングルの男性。自分も結婚に悩んでいるという。

 しかしこれらの取材を通して思うことは、アラサー世代の「手堅さ」である。女性誌で必ず聞かれる質問は、こういうものだ。

 「絶対に幸せになれる結婚とは、どんな結婚ですか?」「間違いなく幸せにしてくれる結婚相手とは、どんな男性ですか?」

 一方で男性誌からの質問は、「20代と30代、どちらで結婚した方が得なんでしょうか?」

 就職氷河期世代で、就職には苦労したアラサー世代。この連載の第26回では「事務職OLを選んだアラサー女性」について書いたが、この記事に32歳の読者からこんなコメントをいただいた。

 「結婚は一度失敗したら終わり、という強迫観念に近いものがあります」。まさにこの感覚が、就職だけでなく人生全般、もちろん結婚にも及んでいるとしたら…。アラサー世代がなかなか結婚しないのも、無理はない。確かに結婚は、ギャンブル的要素がとても強いのだ。

 どんな結婚指南書も、確実に幸せな結婚の仕方を教えてくれるものではない。せいぜい「失敗しない確率を少しだけ上げる方法を教えてくれる」くらいだろう。

 だいたい「完成された幸せな結婚」を手に入れるのは不可能で、幸せな結婚生活や、自分の幸せ、相手の幸せは、結婚した後で作っていくしかないのではないか? 白と黒だけでなく灰色もあるのが、人間の面白いところ。完璧な幸福だけで成り立つ人生は、ないのではないか?

コメント14件コメント/レビュー

離婚をすることの最大のリスクは、今まで1世帯だったものが2世帯になり、経済的な意味で、片方(または双方)の生活ができなくなることです(世間体や精神的ダメージは意外と乗り越えられる)。このリスクを回避する一番確実な方法は、子供が生まれようが何しようが、専業主婦(主夫)にならずに共働きを続けることです。愛情が冷めてしまっているのに経済的な問題からイヤイヤ結婚生活を続けている夫婦は結構多いものです。共働きを継続することが「ギャンブル」の最低限の前提かもしれません。もちろん離婚しない場合は(経済的に)豊かな生活ができるので、それを享受するということで・・・(商売柄離婚をたくさん見ている女性より)(2008/09/13)

「白河桃子の「“キャリモテ”の時代」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

離婚をすることの最大のリスクは、今まで1世帯だったものが2世帯になり、経済的な意味で、片方(または双方)の生活ができなくなることです(世間体や精神的ダメージは意外と乗り越えられる)。このリスクを回避する一番確実な方法は、子供が生まれようが何しようが、専業主婦(主夫)にならずに共働きを続けることです。愛情が冷めてしまっているのに経済的な問題からイヤイヤ結婚生活を続けている夫婦は結構多いものです。共働きを継続することが「ギャンブル」の最低限の前提かもしれません。もちろん離婚しない場合は(経済的に)豊かな生活ができるので、それを享受するということで・・・(商売柄離婚をたくさん見ている女性より)(2008/09/13)

僭越ながらコメントいたします.この記事は残念ながら根本的なところで誤りがあります.それは「結婚はギャンブルではない」と言うことです.どういうことかと申しますと,ギャンブルはその確率構造をプレイヤーが変えることが出来ないが,結婚はその成功/失敗のあり方―つまり結婚の成功/失敗の確率構造―をプレイヤー(つまり結婚する人)が変えられると言う点です.昨今の結婚に関する記事は,あまりにマス・全体構造の分析に偏っていて,個人個人の主体的行動を促せていないと感じます.結婚をギャンブルと捉える限り,そこには「ギャンブルすべきか否か」という判断があり,「ギャンブルしない」という選択肢がありえます.そういった考えが個人の生き方のよりどころとなる事は御誌の望むところなのでしょうか.経済誌としてはマスの分析でいいのかもしれません.しかしそこには結婚の本質はないと断言できます.自分自身の生き方を持ち,伴侶とのコミュニケーションを持つことで幸せに近づける,このような結婚観があってしかるべきだと思います.そのような,いわば文学的・哲学的アプローチの記事が出ることを願ってやみません.(2008/09/12)

46歳男、子供一人、結婚15年を過ぎました。「ギャンブル」という例えは一面では確かに言えるし、少なくともまともな結婚生活を維持し難い「だめんず」は避けるべきと、同性から見ても思います。だが、長く結婚生活を送ってると、むしろ「塞翁が馬」という気がします。ある意味、何年たっても、こういう面もあったのかと、お互いに驚いたり見直したりすることもあるし、ちゃんと向き合ってれば変わっていくこともできます。今の婚活の人たちは、「自分に合った完成品」を求めすぎてるのではないでしょうか?貴方自身もまだ未完成ではありませんかと言うと反感持たれるかもしれませんけど。あと一点だけ納得しがたいのですが、離婚はどんな方法を取っても悲惨で困難で後を引くものですよ。いろんな身内に迷惑かけたり悲惨な目に合わせたりします。身近に実例いるのでよくわかります。安易に「簡単に離婚できれば」とは、結婚の実態を知らないものとお見受けしました。むしろ結婚前の同棲のような「お試し」のほうがおススメですね。今では同棲もまったく普通の暮らし方ですし、事実婚なんていうのもあるくらいですから。(2008/09/11)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「タイム・トゥ・マーケット」で売らないともうからない。

栗山 年弘 アルプス電気社長