• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

携帯おしり洗浄器、シャンプーの泡出ちをよくするポンプもお薦め

ホテルでの洗濯のコツもお教えします

  • 深澤 真紀

バックナンバー

2008年9月16日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 海外に出張、旅行などをした時に悩むのは、洋服や下着の洗濯をどうするかです。

 ワイシャツやワンピースのクリーニングは、ホテルのランドリーサービスに頼むという方法もあります(出来上がりまでに時間がかかるので、余裕を持って頼みましょう)。しかし洗濯代も高いですし、下着などはわざわざ洗濯を頼むのも抵抗があります。

 長期の出張になったら自分で洗濯する必要も出てきますし、短い出張でも現地で洗濯をするようにすれば持って行く荷物が少なくて済みます。

 さて、全自動洗濯乾燥機なら「洗い」「すすぎ」「脱水」「乾燥」を自動でやってくれますが、手洗いの場合はそれぞれ自分でやることになります。特に「脱水」と「乾燥」は、手でやるのはなかなか大変です。

 そこで、ホテルで洗濯する時のちょっとしたコツをご紹介しましょう。

洗いとすすぎのコツ

(1)洗面所のボウルを使う
 洗濯物の量が少ない場合、汚れの少ない場合には洗面所のボウルで洗うといい。
(2)バスタブを使う
 洗濯物の量が多かったり、汚れの多い場合はバスタブで。
(3)ファスナーバッグを使う
 洗濯物の量が少なくて汚れの多い場合は、前回で紹介したファスナーバッグに洗剤と水を入れて洗うのがお勧め。

 (1)と(2)の場合を見ていきましょう。洗面所のボウルかバスタブに、熱めのお湯を入れます。バスタブの場合は、自分が使った後のお湯でもOKです。洗濯物の汚れが少ない場合は、洗剤を使わずにお湯だけ入れればいいでしょう。お湯だけで洗えば、すすぎも1回ですむので楽です。

 洗剤を使う場合は、ホテルに備え付けのせっけんやシャンプーを少量入れれば十分です。そこに洗濯物を入れて洗い、汚れが出たらお湯を流し、手で絞ります。

 次にもう1度お湯を入れて、洗濯物を入れてすすぎます。洗剤を入れた場合は2回くらすすぎますが、バスタブではお湯をたくさん使えるので1回でも十分でしょう。

 (3)のファスナーバッグの使い方もお話ししましょう。海外のホテルでは、洗面所のボウルの栓が閉まらなかったり、バスはシャワーだけでバスタブがなかったりすることもあります。その場合はジップロックバッグなどのファスナーバッグを使って洗濯します。Lサイズのバッグがいいでしょう。

 ファスナーバッグにお湯(洗剤も入れてもよい)を入れて洗濯物を入れ、口をきちんと閉め、その袋を振って洗います。次にお湯を流して、洗濯物を手で絞ります。またお湯を入れ、洗濯物を入れて振ってすすぎます。お湯だけならすすぎは1回、洗剤を入れたら2~3回すすぎます。

 汚れのひどい洗濯物は、ファスナーバッグに入れて「つけ置き洗い」もできます。ファスナーバッグに洗濯物と洗剤とお湯を入れて振ってから数時間か1晩おいて、すすぎをするのです。

コメント1

「深澤真紀の海外出張 役立ちガイド」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

本音と建前が違うことが問題の温床になっている。

川野 幸夫 ヤオコー会長