• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

【第30回】女性が結婚できない3つの理由(その1)

男性だって、しんどい。女性がリードしていけばいいのでは

  • 白河桃子

バックナンバー

2008年9月24日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「結婚したいのにできない」という女性の話を聞いていると、彼女たちが必ず口にする3つの言葉がある。
1)「引っ張っていってくれる男性がいい」
2)「(結婚して)子供ができたら、しばらくは子育てに専念したい」
3)「(相手と)自然に出会いたい」

 「当たり前のことを言っているだけでは?」と思う人も多いかもしれない。特に40代以上の男性たちは…。

 1)についてだが、“男らしく”リードしてくれる男性を好む女性は多い。2)に関しては、就職氷河期世代にとっては「一生続けたい」と思うほどやりがいのある仕事に出合えなかったため、仕事に対する執着心が薄い。またはあまりに激務なため、出産年齢を考えると30歳ぐらいでそろそろひと休みしたい、という声も多いのだ。

 そして3)について。婚活(結婚活動)をしたくない一番の理由として、「自然な出会いが一番」と思う心情があるのだ。結婚とは、好きな人と出会って自然に結ばれるものだから、作為的なものが入るのは美しくないと思うし、プライドが傷つく。ガツガツと出会いを求める女性とは思われたくない。

「結婚できない理由」それ自体が婚期を遅くしている!?

 こういう女性たちの本音を聞くと、その気持ちは痛いほど分かる…。だが、女性が結婚できない理由は、実は彼女たちが口にする、この3つの「結婚できない理由」それ自体にあるのではないか。

 まず第1のキーワード、「引っ張っていってくれる人」を検証してみたい。

 「どんな男性が好みですか?」と聞かれた時、「私、引っ張っていってくれる人がいいんです」というセリフを、女優でピアニストの松下奈緒さんが口にした時、「この人、美人だけど男には苦労しそうだな…」となんとなく思ったことがある。

 儒教思想の影響か、日本女性たちは「男性を追い抜いてしまってはモテない」という思想に縛られ、「控え目であることが美徳」と育てられてきた。さらに「男に従うふりをしながら、手の平で転がす」のが最強の女、とされてきた。

 しかしそれは、団塊の世代までだったという気がする。アラフォー(Around40=35~45歳)以下の女性を見ると、男を余裕で泳がすほどの手練(てだれ)は少なく、まじめに「力強く引っ張っていってくれる男性」を求めている傾向にある。「結婚してから、何でも自分で決めていくのはしんどい」と思っている人が多いのだ。

 ある結婚相談所のカウンセラーが嘆いていたが、「頼りない」の一言で女性に交際を断られてしまう男性が、一番多いそうだ。しかし本当に女性はみんな、「自分を引っ張っていってくれる男性」がいいのだろうか? 引っ張っていってくれるとしても、その方向がミスリードだったら、今の女性たちはテコでも動きゃしない。「引っ張ってほしい」というのも実は、「私の気持ちを汲み取ってほしい」、つまり「自分たちの好む方向に引っ張ってほしい」という、都合のいい願望に過ぎないと思う。

コメント21

「白河桃子の「“キャリモテ”の時代」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック