• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

【第43回】“諦める”40代男性、“諦めない”40代女性

  • 深澤 真紀

バックナンバー

2008年9月25日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 前回の記事について、メールやコメントなどでいろいろなご意見をいただきました。ありがとうございます。

 この連載、メンテナンス術で提案するのは「年を取っても、そこそこほどほどに機嫌よく生きていくための方法」です。ですから、「失ってしまった若さや美しさを、無理矢理取り戻そうとすること」は疲れるし、大変なことなのであまりお勧めしません。

 「昔の自分」と勝負しても、仕方ありません。それに、今の自分が昔の自分に勝てない部分もありますが、昔の自分に負けないものもあるということです。ただ、少なくとも若さという点では、昔の自分には絶対に勝てません。

若さと美しさを失ってから、どう生きるか

 逆に、「年を取ってからの方が女性は美しくなるし、魅力的になるのだ」と思い込むことも、お勧めしません。

 若くて美しいことは、素晴らしいことです。まず、それはきちんと認めた方がいいのです。「日本の男は若い女が好きで、ロリコンばかり」などと毒づいていても、仕方ありません。そしてもちろん、若さや美しさを失うのは悲しいことです。そのうえで、「年を取ってなくしたものも多いけど、いいこともある」くらいに思った方がいいのです。

 「女を諦めない」とか「女を捨てる」という言い方があります。「美しさを諦めないのが、“女”でいることなのだ」と、自分で自分を苦しめる呪文を唱え続けるのは、もうやめましょう。これをやめると、ずいぶん楽になれます。

 だからといって「汚く」なってもいい、とは言いませんよ。他人から見て感じよく、自分でも気持ちよく生きていれば、十分だと思うのです。

 そして前回も書きましたが、「女性らしくする」とか「美しくいる」ということは、あくまでも「趣味」として楽しめばいいのです。「40代になっても美しくいること」も「恋愛をすること」も「女性誌のようなライフスタイルを送ること」も「アイドルやスターの追っかけすること」も、「趣味」だと思えばいいのです。

 年を取ったからといって、やっていけないことや、恥ずかしいことはありません。周囲から「いい年して、恥ずかしい」と言われたとしても、気にしなくていいのです。

 ちなみに私は41歳なので、老後についてもあれこれ考えていますが、「かわいいおばあちゃん」や「みんなに愛されるおばあちゃん」には、絶対になりたくないものだと思っています。

 かわいくて誰からも愛されるのは、「子ども」や「ペット」でしょう。どうして年を取ってまで、かわいくて誰からも愛されなくてはいけないのでしょうか?

コメント6

「自分をすり減らさないための人間関係メンテナンス術」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

短期保有者のいいようにさせたら、中長期で保有したいと考えている株主はどうなるのか。

貝沼 由久 ミネベアミツミ社長